Back

News

ミケリス:「あと5%で勝つことができた」

ミケリス:「あと5%で勝つことができた」

01/07/2015 08:00

JVCケンウッドWTCCフランスラウンドのレース2で勝利を逃したノルベルト・ミケリスが悔やんでいる。

ミケリスは2015年の2勝目まであと3周だったが、ホセ・マリア・ロペスに抜かれてしまった。

ゼングー・モータースポーツ・ホンダのミケリスは「確かに落胆していたよ」と語った。「レースの90~95%でリードしていれば、勝てると信じ始めるものだ。もちろん、マ(・チンホワ)とホセが後ろにいたから、常に100%でいかなければいけないと分かっていた」。

「ロペスが抜きに来たときも準備はできていたけど、彼のスピードを見て厳しいと分かった。でも、最後までいく準備はできていたんだ。何とか守ろうとしたんだけど。ターン5で僕がインサイド、彼がアウトサイドになった。彼は素晴らしい動きをしたね。インサイドに入ってきたんだ。それからは彼にアタックはできなかった。彼がリードを広げて、僕は2位を狙ったんだ」。

「でも、僕らのパッケージはほぼベストだった。もう少し運があれば、勝つことができたかもしれない。でも、次回でベストを尽くすよ。運があれば、また勝てるはずだ」。

2日にウィーンで開催されたFIA表彰式で、WTCCのトップドライバー3名が表彰された。シトロエンはマニュファクチャラーズ選手権優勝を表彰されている。

WTCCで3連覇を成し遂げたホセ・マリア・ロペスは、ウィーンでのFIAの授賞式を心待ちにしている。

先週のWTCC DHLカタールラウンドでメインレースを制したメフディ・ベナーニは、全力で臨んだことが勝利につながったと信じている。

WTCCのプロモーターであるユーロスポーツ・イベンツのフランソワ・リベイロ代表は、来季のタイトル争いはオープンになると述べた。

WTCCに戻ってきた今季の最終戦となった先週のカタールラウンドで、ジェームス・トンプソンはWTCCトロフィーの表彰台を手にした。

WTCC DHLカタールラウンドで表彰台に立ったテッド・ビョルクだが、ポールスター・シアン・レーシングにとって最悪なタイミングだったのかもしれない。