Back

News

ミケリス:「あと5%で勝つことができた」

ミケリス:「あと5%で勝つことができた」

01/07/2015 08:00

JVCケンウッドWTCCフランスラウンドのレース2で勝利を逃したノルベルト・ミケリスが悔やんでいる。

ミケリスは2015年の2勝目まであと3周だったが、ホセ・マリア・ロペスに抜かれてしまった。

ゼングー・モータースポーツ・ホンダのミケリスは「確かに落胆していたよ」と語った。「レースの90~95%でリードしていれば、勝てると信じ始めるものだ。もちろん、マ(・チンホワ)とホセが後ろにいたから、常に100%でいかなければいけないと分かっていた」。

「ロペスが抜きに来たときも準備はできていたけど、彼のスピードを見て厳しいと分かった。でも、最後までいく準備はできていたんだ。何とか守ろうとしたんだけど。ターン5で僕がインサイド、彼がアウトサイドになった。彼は素晴らしい動きをしたね。インサイドに入ってきたんだ。それからは彼にアタックはできなかった。彼がリードを広げて、僕は2位を狙ったんだ」。

「でも、僕らのパッケージはほぼベストだった。もう少し運があれば、勝つことができたかもしれない。でも、次回でベストを尽くすよ。運があれば、また勝てるはずだ」。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。