Back

News

MOLグループがWTCCハンガリーラウンドの新たなイベントパートナーに

MOLグループがWTCCハンガリーラウンドの新たなイベントパートナーに

24/03/2015 12:37

国際的な石油ガス会社MOLグループが、2015年のWTCCでノルベルト・ミケリスをさらにサポートすることになった。WTCCのプロモーターであり、商業権を持つユーロスポーツ・グループと合意に達し、WTCCハンガリーラウンドで新たなイベントパートナーを務めることになったのだ。

ゼングー・モータースポーツとのパートナーシップや、WTCCで3度勝利したハンガリー人のミケリスとの関係が成功しているMOLグループは、5月1日から3日までミケリスの母国で開催されるWTCCレースを支援する。スポーツの世界だろうがビジネスの世界だろうが、一生の目標を達成するためにトップクラスの才能を支援するという、同社の企業哲学が強調されるだろう。

MOLグループ広報副部長のドミニク・ケフナー氏は、「モータースポーツは規律と野心が一致する世界だ。集中し、同時に勝負に向けて大変な挑戦をしていくことが、成功の鍵となる。石油ガス工業の世界と同じだ。WTCCはハンガリーでも、そして国際的にも、ますます人気になっている。ハンガリーでのレースをサポートし、パンタ・ディストリブツィオーネ社を通じてWTCC全体に燃料を供給していることを、我々は誇りに思っているよ」と述べた。

WTCCのフランソワ・リベイロGMは「MOLグループのWTCCへの投資は、リーディングドライバーの一人であるミケリスとのパートナーシップを通じてすでに広く知られている。MOLグループが母国でのイベントのスポンサーとなり、WTCCへの投資をさらに強めてくれたことを、我々は本当にうれしく思っているよ。ゼングー・モータースポーツのマシンも補完的に認知されるだろうし、WTCCの放送を通じて大きく注目されるだろう」と話している。

「MOLグループWTCCハンガリーラウンド」は、5月1日金曜のブダペストでの路上パレードで始まる。WTCC、F1、そしてほかのレースマシンによるデモンストレーションのために、30万人ものファンが集まる見込みだ。スポーツリサーチ会社REPUCOMによると、テレビで約2300万人もの視聴者が昨年のレースを見ている。

中国ラウンドのフリー走行2回目は、ポールスター・シアン・レーシングのフレデリク・エクブロムが最速タイムを出した。

全長4.603キロの上海国際サーキットで開催されたWTCC中国ラウンドのフリー走行1回目は、ボルボS60ポールスターTC1を走らせるテッド・ビョルクが最速タイムを出した。

ロブ・ハフは25日のWTCC中国ラウンドで、ファーストラップにドラマがあるかもしれないと予想する。

イヴァン・ミュラーが、今シーズン限りでWTCCから身を引くことになった。

先週末、ツインリンクもてぎで開催されたWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドを数字で振り返る。

チアゴ・モンテイロとイヴァン・ミュラーは、今月末のWTCC中国ラウンドからWTCCドライバーズ選手権の2位の座を狙う。