Back

News

モンテイロ、WTCCで200戦目も最後方からのスタート

モンテイロ、WTCCで200戦目も最後方からのスタート

12/09/2015 03:02

チアゴ・モンテイロはWTCCでの200戦目を迎える。だが、最後方からのスタートとなった。

カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームのモンテイロは、13日のJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドのレース1で200戦目を迎える。だが、エンジンの変更で午後の予選での努力が無駄となってしまった。

FIAは「エンジン変更の許可を申請され、FIA技術代表団にヒアリングした結果、レギュレーションの第71条4項に基づいて変更を認めることにした」と発表している。

ホンダのWTCC開発プロジェクトリーダーである堀内大資氏は、「ヴィラ・レアルの後で損傷を見つけ、エンジン変更なしにチアゴを走らせるリスクを負うことはできなかった。この『不可抗力』と認められることを願っていたが、残念ながらそうはならず、グリッドペナルティーを受け入れなければいけない」と語った。

ラーダ・スポーツ・ロスネフチのニッキー・カツバーグも、エンジン変更によるペナルティーで最後方からのスタートとなる。

来季のWTCC開幕まで4カ月。4月9日にマラケシュで開催されるWTCCモロッコラウンドで期待できることはなんだろうか。

写真はFIA授賞式でシトロエン・レーシングのイヴス・マットン代表、WTCC王者ホセ・マリア・ロペス、2位イヴァン・ミュラーと一緒のモンテイロ。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。

ポールスター・シアン・レーシングは、最高の形で2016年のWTCCを終えた。テッド・ビョルクがボルボS60ポーツスターTC1で2レース連続表彰台を勝ち取り、ドライバーズ選手権で10位フィニッシュしたのだ。