Back

News

モンテイロ、WTCCで200戦目も最後方からのスタート

モンテイロ、WTCCで200戦目も最後方からのスタート

12/09/2015 03:02

チアゴ・モンテイロはWTCCでの200戦目を迎える。だが、最後方からのスタートとなった。

カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームのモンテイロは、13日のJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドのレース1で200戦目を迎える。だが、エンジンの変更で午後の予選での努力が無駄となってしまった。

FIAは「エンジン変更の許可を申請され、FIA技術代表団にヒアリングした結果、レギュレーションの第71条4項に基づいて変更を認めることにした」と発表している。

ホンダのWTCC開発プロジェクトリーダーである堀内大資氏は、「ヴィラ・レアルの後で損傷を見つけ、エンジン変更なしにチアゴを走らせるリスクを負うことはできなかった。この『不可抗力』と認められることを願っていたが、残念ながらそうはならず、グリッドペナルティーを受け入れなければいけない」と語った。

ラーダ・スポーツ・ロスネフチのニッキー・カツバーグも、エンジン変更によるペナルティーで最後方からのスタートとなる。

ニッキー・カツバーグとトム・コロネルは、WTCC再開となる8月5日から7日開催のアルゼンチンラウンドに向け、さらに調子を整えていくと述べた。

...

01/07/2016 12:00 - 2016

アレッサンドロ・マリアーニは、先週末のヴィラ・レアルでチアゴ・モンテイロが勝利を祝ったことを、アイルトン・セナ氏がインテルラゴスで行われた1991年のブラジルGPで感動的な勝利を収めたときと比較している。

クリス・リチャードはETCCで2ポイントのアドバンテージを手にし、来季のWTCC参戦に向かっている。

ホンダはポルトガルラウンドでチアゴ・モンテイロが勝利を収めた。ノルベルト・ミケリスは、60キロのウェイトにもかかわらず、勝利を手にしたことを喜んでいる。

テッド・ビョルクはヴィラ・レアルのストリートサーキットで「ファイティングパフォーマンス」を披露し、14ポイントを獲得した。

2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスは、6月26日のポルトガルラウンドの予選で何度かミスを犯し、彼もまた人間であることを示した形となった。だが、アルゼンチン人ドライバーは2度のレースでそれぞれ5位となり、選手権でトップを維持している。