Back

News

モンテイロ、WTCCで200戦目も最後方からのスタート

モンテイロ、WTCCで200戦目も最後方からのスタート

12/09/2015 03:02

チアゴ・モンテイロはWTCCでの200戦目を迎える。だが、最後方からのスタートとなった。

カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームのモンテイロは、13日のJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドのレース1で200戦目を迎える。だが、エンジンの変更で午後の予選での努力が無駄となってしまった。

FIAは「エンジン変更の許可を申請され、FIA技術代表団にヒアリングした結果、レギュレーションの第71条4項に基づいて変更を認めることにした」と発表している。

ホンダのWTCC開発プロジェクトリーダーである堀内大資氏は、「ヴィラ・レアルの後で損傷を見つけ、エンジン変更なしにチアゴを走らせるリスクを負うことはできなかった。この『不可抗力』と認められることを願っていたが、残念ながらそうはならず、グリッドペナルティーを受け入れなければいけない」と語った。

ラーダ・スポーツ・ロスネフチのニッキー・カツバーグも、エンジン変更によるペナルティーで最後方からのスタートとなる。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。

WTCCアルゼンチンラウンドのオープニングレースは、セバスティアン・ローブ・レーシングのトム・チルトンが初勝利を収めた。地元出身のホセ・マリア・ロペスは、18位スタートから5位フィニッシュしている。