Back

News

モロッコラウンドは接戦と予想するロペス

モロッコラウンドは接戦と予想するロペス

15/04/2015 12:22

WTCC王者ホセ・マリア・ロペスは、今週末のモロッコラウンドは激しい接戦であり、誰が優勝するかを予想するのは難しいと話している。

ロペスはWTCCでの争いが拮抗しており、わずか100分の1秒単位での違いが勝負の分け目になると指摘した。予選での出来が勝利に影響するとも述べている。

シトロエン・トータルのエースは「よくあることだけど、予選は週末全体にとって重要になる」と述べた。「ポールポジションを争うドライバーたちの差は、100分の1秒単位でわずかに違うだけだろう」。

昨季のマラケシュでのデビューで勝利を収めているロペスは、シトロエン勢同士の競争も非常に激しくなると考えている。

ロペスは「僕らのマシンは同じだから、普通の状況でチームメートをオーバーテイクするのは非常に難しい」と述べた。「ほかのサーキット以上に、良い位置でスタートすることが、レース1の結果を決めることになり得るんだ。リバースグリッドになるレース2では、うまくその場でやらなければいけないね!」。

ホンダはポルトガルラウンドでチアゴ・モンテイロが勝利を収めた。ノルベルト・ミケリスは、60キロのウェイトにもかかわらず、勝利を手にしたことを喜んでいる。

テッド・ビョルクはヴィラ・レアルのストリートサーキットで「ファイティングパフォーマンス」を披露し、14ポイントを獲得した。

2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスは、6月26日のポルトガルラウンドの予選で何度かミスを犯し、彼もまた人間であることを示した形となった。だが、アルゼンチン人ドライバーは2度のレースでそれぞれ5位となり、選手権でトップを維持している。

ホンダが26日、異なる2つの国で勝利を手にした。トラックでは、ポルトガルラウンドで地元出身のチアゴ・モンテイロが優勝。トラックの外では、イングランド南部で開催された「Goodwood Festival of Speed」で行われた初のWTCC ART CARSで勝利を収めている。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのメインレースは、地元出身のチアゴ・モンテイロはが制した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニングレースは、トム・コロネルがトム・チルトンを抑えて今季2度目の勝利を収めた。