Back

News

「世界で最も難しいトラック」に挑むモンテイロ

「世界で最も難しいトラック」に挑むモンテイロ

13/05/2015 12:45

今週、伝説のニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるWTCC第7戦と第8戦に向け、チアゴ・モンテイロは「世界で最も難しいレーストラック」での戦いに意気込んでいる。

カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームで戦うモンテイロは、先月の公式テストでホンダ・シビックを走らせ、25.278キロの厳しいサーキットを経験している。

元F1ドライバーのモンテイロは、「ノルトシュライフェはその歴史や周辺からも魅力的だ」と語った。「世界で最も難しいレーストラックであり、比肩するサーキットはない。僕はこの場所をすごくリスペクトしているんだ。キャリアで最大の挑戦だよ」。

今月のハンガリーラウンドではアップグレードされたホンダ・シビックがデビューし、ノルベルト・ミケリスが勝利を収めた。モンテイロとチームメートのガブリエル・タルキーニは意気揚々とWTCCドイツラウンドに向けて準備しており、モンテイロは3ラップの2レースでホンダ・シビックがさらに成功することを願っている。

モンテイロは「僕らにとっては厳しいトラックで、ライバルがここで強いだろうということは分かっている」と述べた。「でももちろん、前回の結果を上回れるように、僕はできるだけのことをする。シビックのアップデートは本当に助けになった。マシンはうまく機能している。すごくスムーズで、反応が良いんだ」。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのテスト走行は、シトロエンのチームメートであるホセ・マリア・ロペスを抑えてイヴァン・ミュラーが最速だった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。