Back

News

フランスラウンド、フリー走行1回目はミュラーがベスト

フランスラウンド、フリー走行1回目はミュラーがベスト

27/06/2015 09:57

JVCケンウッドWTCCフランスラウンドのフリー走行1回目では、イヴァン・ミュラーが母国のファンの前で最速タイムを出した。

WTCCを4度制したミュラーは、3.841キロのポール・リカール・サーキットで、1分30秒950というタイムを出した。シトロエンのチームメートである王者ホセ・マリア・ロペスに0.209秒差をつけての最速タイムだ。

ミュラーは「このセッションは30分だけだったけど、僕らは多くを学んでいる」と語った。「昨日はマシンに満足していなかったけど、いくつかを昨日解決できた。でも、まだやるべきことがある。今のところはOKだけど、まだフリー走行だ。予選はまた別物となる。午後でもっと暑くなるだろうしね。僕らはマシンの多くの点を変えている。サスペンションのちょっとしたこととかだけど、言うことはできないよ」。

3位はホンダのチアゴ・モンテイロ。4位は再びシトロエンのセバスティアン・ローブで、5位はガブリエル・タルキーニだった。グレゴワール・ドゥムースティエ(シボレー・クルーズ)は6位。ヨコハマ・ドライバーズ選手権の中でトップだった。7位はマ・チンホワ、8位はラーダのニッキー・カツバーグ。ノルベルト・ミケリス、ウーゴ・バレンテが続いた。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。