Back

News

フランスラウンド、フリー走行1回目はミュラーがベスト

フランスラウンド、フリー走行1回目はミュラーがベスト

27/06/2015 09:57

JVCケンウッドWTCCフランスラウンドのフリー走行1回目では、イヴァン・ミュラーが母国のファンの前で最速タイムを出した。

WTCCを4度制したミュラーは、3.841キロのポール・リカール・サーキットで、1分30秒950というタイムを出した。シトロエンのチームメートである王者ホセ・マリア・ロペスに0.209秒差をつけての最速タイムだ。

ミュラーは「このセッションは30分だけだったけど、僕らは多くを学んでいる」と語った。「昨日はマシンに満足していなかったけど、いくつかを昨日解決できた。でも、まだやるべきことがある。今のところはOKだけど、まだフリー走行だ。予選はまた別物となる。午後でもっと暑くなるだろうしね。僕らはマシンの多くの点を変えている。サスペンションのちょっとしたこととかだけど、言うことはできないよ」。

3位はホンダのチアゴ・モンテイロ。4位は再びシトロエンのセバスティアン・ローブで、5位はガブリエル・タルキーニだった。グレゴワール・ドゥムースティエ(シボレー・クルーズ)は6位。ヨコハマ・ドライバーズ選手権の中でトップだった。7位はマ・チンホワ、8位はラーダのニッキー・カツバーグ。ノルベルト・ミケリス、ウーゴ・バレンテが続いた。

WTCC3連覇に向かっているシトロエンのホセ・マリア・ロペスが、メッシやファンジオ、ステーキ、忙しさ、そして8月5日から7日まで開催されるアルゼンチンラウンドでの勝利について語った。

WTCCアルゼンチンラウンドに向け、ラーダ・スポーツ・ロスネフチがギアを入れている。今月、スペインで3日間のテストを行った。

4月のWTCCハンガリーラウンドでは、オープニングレースでメフディ・ベナーニが2度目の勝利を手にした。また、トム・チルトンが10位スタートから見事な追い上げを見せ、セバスティアン・ローブ・レーシングがワンツーフィニッシュを果たしている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。

来月、WTCCにデビューするエステバン・ゲリエリ。2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスに続くドライバーにまつわる注目の10ポイントを紹介する。