Back

News

ロシアラウンド、ミュラーがレース1を制す

ロシアラウンド、ミュラーがレース1を制す

07/06/2015 11:50

WTCC第9戦となるロスネフチWTCCロシアラウンドのレース1は、イヴァン・ミュラーの勝利に終わった。

4度王者に輝いたミュラーは、ポールポジションからスタートし、完璧なドライブで2015年3度目、WTCC通算44回目の勝利を挙げた。

ミュラーのシトロエンのチームメートで、現王者のホセ・マリア・ロペスは2位。ホンダのガブリエル・タルキーニが3位に入り、ラーダのロブ・ハフが続いた。5位はマ・チンホワ、6位はトム・チルトンとなり、ヨコハマ・ドライバーズ選手権での勝利を手にしている。

ミュラーは「素晴らしい、でも長いレースだった」と語った。「ピットにいつレースが終わるのかを聞いたよ。マシンの中ではとても長く感じたからね。外から見たら、汗をかいていないように見えたかもしれないけど、実際にはかいていた」。

ハフの4位はラーダにとって2015年の最高成績。タルキーニは今季初の表彰台となった。

ノルベルト・ミケリスは7位にフィニッシュ。チアゴ・モンテイロが8位、セバスティアン・ローブが9位、ヤープ・ファン・ラーゲンが10位に入っている。

トム・コロネルは1週目でファン・ラーゲンとクラッシュ、メフディ・ベナーニはステファノ・ダステとのコンタクトで後れを取った。グレゴワール・ドゥムースティエとジョン・フィリッピも衝突し、フィリッピはフィニッシュできていない。

Redbull.comでのユーザー投票によるストリートサーキットのベスト10で、WTCCも開催されたマカオやパウ、ヴィラ・レアルが選出された。ヴィラ・レアルはトップに選ばれている。

来季のWTCC開幕まで4カ月。4月9日にマラケシュで開催されるWTCCモロッコラウンドで期待できることはなんだろうか。

写真はFIA授賞式でシトロエン・レーシングのイヴス・マットン代表、WTCC王者ホセ・マリア・ロペス、2位イヴァン・ミュラーと一緒のモンテイロ。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。