Back

News

チルトン、ニュルブルクリンクの「勝者」としてマラケシュへ

チルトン、ニュルブルクリンクの「勝者」としてマラケシュへ

14/04/2015 13:10

トム・チルトンが先週末のドイツ・ニュルブルクリンクでのテストイベントを制し、勝者として今週のWTCCモロッコラウンドに臨む。

チルトンはニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで開催されたADACチューリッヒ24時間レースの予選に参加した。ニュルブルクリンクでは5月15日から16日まで、WTCCが初めて開催される。

元WTCCレーサーのロブ・ホランドやグランド・アム王者デイビッド・ティレニウスとロテック・レーシング・アウディTTRSをシェアし、チルトンは全体の12位に入り、170のコーナーを持つニュルブルクリンクでの経験を積んだ。

チルトンは「良い天気と速いマシン。ノルドシュライフェで素晴らしい2日間を過ごせたね」と述べた。「マシンの感触にはとても満足している。ギリギリのドライブをしたよ。ロテック・レーシングは素晴らしい仕事をしたね。マシンは6時間、途切れることなく走った。5月のWTCCに向けてトラックを学ぶことが目標だったんだ。すべて良い感触だし、より準備ができたと感じているよ」。

チルトンの次の挑戦は、17日から19日までマラケシュのムーレイ・エル・ハッサン・サーキットで開催されるWTCCモロッコラウンドだ。かつてこのサーキットで表彰台に立ったことがあるチルトンは、慣れ親しんだROALモータースポーツ・シボレーRMLクルーズTC1をドライブ。ヨコハマドライバーズ選手権での有力候補とみられている。

2日にウィーンで開催されたFIA表彰式で、WTCCのトップドライバー3名が表彰された。シトロエンはマニュファクチャラーズ選手権優勝を表彰されている。

WTCCで3連覇を成し遂げたホセ・マリア・ロペスは、ウィーンでのFIAの授賞式を心待ちにしている。

先週のWTCC DHLカタールラウンドでメインレースを制したメフディ・ベナーニは、全力で臨んだことが勝利につながったと信じている。

WTCCのプロモーターであるユーロスポーツ・イベンツのフランソワ・リベイロ代表は、来季のタイトル争いはオープンになると述べた。

WTCCに戻ってきた今季の最終戦となった先週のカタールラウンドで、ジェームス・トンプソンはWTCCトロフィーの表彰台を手にした。

WTCC DHLカタールラウンドで表彰台に立ったテッド・ビョルクだが、ポールスター・シアン・レーシングにとって最悪なタイミングだったのかもしれない。