Back

News

初のWTCCにも気後れしないシュミッツ

初のWTCCにも気後れしないシュミッツ

12/05/2015 14:05

今週開催されるWTCCドイツラウンドに向け、女性ドライバーのザビーネ・シュミッツが意気込んでいる。

WTCC参戦は初となるシュミッツだが、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでの経験は誰よりも豊富だ。彼女は伝説のトラックで輝いてきたドライバーである。

45歳のシュミッツは「ホイールを握ったら、私は全力を尽くす」と語った。「私はタフなのよ。いつも男性とレースをしてきた。慣れているわ。でも、これだけハイレベルなドライバーたちがどう出てくるかは分からないわね。男性が力強いのは知っている。女性が彼らを乗り越えようとしたら、彼らはいつも喜ぶわけじゃないのよ。彼らがフェアにやり、私に抜くチャンスがあるときにパスさせてくれるかは分からないわ」。

17日に開催される3ラップ制の2レースで、シュミッツはALL-INKL.COMミュニック・モータースポーツ・シボレーをドライブする。

来季のWTCC開幕まで4カ月。4月9日にマラケシュで開催されるWTCCモロッコラウンドで期待できることはなんだろうか。

写真はFIA授賞式でシトロエン・レーシングのイヴス・マットン代表、WTCC王者ホセ・マリア・ロペス、2位イヴァン・ミュラーと一緒のモンテイロ。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。

ポールスター・シアン・レーシングは、最高の形で2016年のWTCCを終えた。テッド・ビョルクがボルボS60ポーツスターTC1で2レース連続表彰台を勝ち取り、ドライバーズ選手権で10位フィニッシュしたのだ。