Back

News

WTCCの新人ドゥムースティエ、1000キロ以上のテストで「大きく前進」

WTCCの新人ドゥムースティエ、1000キロ以上のテストで「大きく前進」

03/04/2015 09:38

WTCCの新人グレゴワール・ドゥムースティエは、クラフト・バンブー・レーシング・シボレーで1000キロ以上のテストをポルトガルでこなし、「大きく前進」したと話している。

フランスの新星は先月、シボレーRMLクルーズTC1であまり経験がないままアルゼンチンラウンドに臨み、WTCCでのキャリアをスタートさせた。だが、ポルティマン近くのアルガルベにあるアウトドローモ国際サーキットで4日間のテストをこなしたばかりだ。

ワークスチームの複数のドライバーがテストを予定しているなかで、ドゥムースティエは17日から19日まで開催されるWTCCモロッコラウンドに向け、大きな経験を積むことができた。

ドゥムースティエは「本当にこのテストをすることができて良かったよ。僕らには本当に必要なことだった。マシンについていろいろ学べたよ」と述べた。「僕のドライビングは向上した。特にスタートだね。今後のシーズンに役立つだろう。来週もスペインで2日間のテストがある。さらに向上できることを願っているよ。僕らにはまだやるべきことがたくさんある。でも、トラックでの経験を積んで、アルゼンチンのときからは大きく前進できた」。

50℃という気温の中で行われた4日間のテストでは、クラフト・バンブー・レーシングのエンジニアたちも忙しかった。今月開催されるマラケシュのストリートサーキットに向け、パフォーマンスと運転性を向上させるために、さまざまなデータを収集することになったからだ。

クラフト・バンブー・レーシングはこれから、スペインのグアディクスサーキットで2日間のテストを行う。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。

WTCCアルゼンチンラウンドのオープニングレースは、セバスティアン・ローブ・レーシングのトム・チルトンが初勝利を収めた。地元出身のホセ・マリア・ロペスは、18位スタートから5位フィニッシュしている。