Back

News

ホンダ、「得るは捨つるにあり」

ホンダ、「得るは捨つるにあり」

19/04/2015 23:58

来月のハンガリーラウンドで新仕様を導入するホンダは、旧仕様の最後となるモロッコラウンドで、さらにポイントを獲得した。

カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームのチアゴ・モンテイロとガブリエル・タルキーニは、WTCCモロッコラウンドのレース1で、それぞれ6位と7位に入った。レースではモンテイロがオープニングラップでクラッシュし、リタイヤを余儀なくされたが、タルキーニは再び7位に入っている。

チームが目指しているのは、5月1日から3日まで開催されるMOLグループWTCCハンガリーラウンドで順位を上げることだ。パフォーマンスの改善が期待されている。

ホンダのチーム代表であるアレッサンドロ・マリアーニ氏は、「予選までは本当にポジティブだったが、レースでは難しくなると分かっていた」と述べた。

「レースではそれまでになかった新たな問題を抱えたんだ。ここではダンパがとても大変だけど、その点に関してもっと良い準備ができたと思う。ポルティマンでのテストでは、全体的なセットアップに関して仕事をしてきた。これまでになかったブレーキの問題もあったね。幸いにも、新しい空力パッケージでフロントが完全に違っており、こういう特殊な状態は今回が最後だ。ブダペストでは完全にアップグレードされたパッケージとなる」。

ホンダR&DのWTCC開発プロジェクトリーダーである堀内大資氏は、「昨年と比べて、今回のイベントはライバルたちにより近づくことができた。差は縮まっている。だが、エンジンパフォーマンスを向上させるために、さらなる仕事が必要だ」と話した。

ホセ・マリア・ロペスにとって、今週末のWTCCは再び夢のような結果となった。中国ラウンドのメインレースを制したロペスは、今季5度目となるTAG Heuer Best Lap Trophyも受賞している。

...

25/09/2016 10:51 - 2016

WTCC中国ラウンドのメインレースは、ホセ・マリア・ロペスが勝利した。シトロエン勢が1・2・3フィニッシュしたことで、WTCCトロフィーではメフディ・ベナーニが暫定で優勝を決めている。(*)

WTCC中国ラウンドのオープニングレースは、ポールスター・シアン・レーシングでボルボをドライブするテッド・ビョルクが初勝利を挙げた。最後から2つ目のコーナーでノルベルト・ミケリスを抜いている。

上海国際サーキットでのWTCC中国ラウンドの予選で苦しんだチアゴ・モンテイロは、レースも厳しい戦いになると予想している。

ホンダが2017年もWTCCに参戦することを決定した。シビックで新たな栄光を目指す。

上海国際サーキットで行われたWTCC中国ラウンドのMAC3は、ホンダが勝利を収めた。