Back

News

Q&A: ホセ・マリア・ロペス

Q&A: ホセ・マリア・ロペス

02/11/2015 12:00

シトロエンのホセ・マリア・ロペスは、1日のWTCCタイラウンドのレース1を制し、WTCC連覇を飾った(※)。アルゼンチン人ドライバーが勝利を振り返り、2016年もWTCCを支配したいと意欲を示しつつ、ブリラムの夜で勝利を祝う計画を明かしている。

承認待ちですが2015年の王者です。気分は?
「すごくうれしいよ。連覇は夢のようだ。でも、予想はしていなかった。素晴らしい一年だったけど、本当にハードだった。競争はますます激しくなっている。チームメートたちはますますハードワークしており、決してあきらめなかった。競争の激しさやレベルを考えれば、3レースを残しての優勝は素晴らしい結果だ。本当に拮抗したレースもあったし、このまま続けていきたい」

2015年は何が違いとなったのでしょう?
「一貫性が鍵だった。すべてのレースでの一貫性、すべてのレースでしっかりとポイントを獲得することだ。そしてほかのドライバーたちが追いつくのは難しかったんだよ」

一年のハイライトを選ぶなら?
「ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのレース1でポールポジションから見事なパフォーマンスで勝ったことかな。ヴィラ・レアルの勝利も非常に特別だった。難しいストリートサーキットだったよ。それから、アルゼンチンでの最初のレースで勝ったことだね」

このタイトル獲得で特に名前を出すに値するのは?
「23年のキャリアで僕のそばにいてくれたすべての人に感謝したい。家族、特に父だね。それから欧州でのレースで大きく助けてくれた兄たち。欧州で僕が孤独にならないようにしてくれた恋人。アルゼンチンのみんな、それからチームだ。彼らがいなければ、僕はここにいない。彼らがレースをし、チームメートたちと同じレベルで競うチャンスを与えてくれた。メカニックたちやエンジニアたち、チームメートたちも常に後押ししてくれたね。僕らはチーム内でとても素晴らしい争いをしてきた。そしてマシンをとても良いレベルに向上させたんだ」

今季9勝です。昨季の10勝まであと1つですが、カタールの最終ラウンドで狙いますか?
「僕は記録のためにレースをしているんじゃない。素晴らしいチームで、素晴らしいチームメートたちと楽しむためなんだ。WTCCの新たなレースだし、とても興味深いだろうね。モトGPのレ0巣でトラックを見たけど、非常に良さそうだね。また素晴らしい週末にして、また見事なバトルを見せられることを願っている」

WTCCでこれから達成すべきことはあるのでしょうか?
「記録の更新は常に難しいことだけど、記録はそのためにある。目標のようなものだ。正しいタイミングで正しいチームに来たときにあることだ。今の僕のようにね。僕は素晴らしいチームにいる。彼らがいなければ、今のこの立場にはいない。マシンも素晴らしいし、ファンタスティックだった。この2年の数字を見れば、勝利数でトップ4とかのはずだ。いつかイヴァン(・ミュラー)を成績で上回ることができたら素晴らしいだろうね」

将来についてですが、2016年は?
「チームと話さなければいけない。もちろん、来年も一緒のつもりだけど、いくつかクリアしなければいけないことがあるんだ。合意できるか、様子を見よう。このチームにいるのは本当に素晴らしいことだからね。僕は去年、タイトル獲得が夢だとずっと言っていた。今はそれを成し遂げたから、今はしばらく喜び、祝いたい」

どんなお祝いを?
「好きな人たちと一緒にいるよ。ちょっと飲んで、踊るだろうね。友人たちと楽しむさ。すごくプレッシャーがあったから、彼らと一緒に勝利を祝い、少しリラックスできるのは素晴らしいだろうね。友人というのは、WTCCのみんなのことだよ。みんなが僕に優しかったからね。良い雰囲気の良い選手権だ。本当に楽しいよ」

※結果はすべてFIAの正式承認待ち

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、ノルベルト・ミケリスとのバトルの末にホセ・マリア・ロペスが制し、ドイツラウンドで2連勝を飾った。

ファイナルラップでチアゴ・モンテイロとイヴァン・ミュラーがクラッシュするドラマティックな終わりを迎えたWTCCドイツラウンドのオープニングレースは、ホセ・マリア・ロペスの勝利に終わった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのMAC3は、ホンダがシトロエンを下した。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、見事なタイムを出したホセ・マリア・ロペスがポールポジションからスタートすることになった。

...

27/05/2016 08:00 - 2016

ホンダ・レーシング・チーム・JASとゼングー・モータースポーツの計4台が、WTCCハンガリーラウンドとモロッコラウンドの結果から除外されることになった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。