Back

News

カタールがWTCCファミリーに

カタールがWTCCファミリーに

07/07/2015 15:36

ポール・リカール・サーキットでWTCCのフランソワ・リベイロGMとQMMF(カタール・モーター&モーターサイクル連盟)のナセル・ハリファ・アル・アトヤ会長が、11月に開催されるWTCCカタールラウンドに関する合意にサインした。正式にカタールがWTCCファミリーに歓迎されたのだ。

WTCCカタールラウンドはシーズンの最終ラウンドとして、ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催される。

リベイロGMは「日程構造を変更するのは簡単ではないが、2015年は初めての中東でのレースを含め、40%が変わった」と語った。「我々は新たなイベントを加えただけではない。新たなパートナーを手に入れたのだ。QMMFとの仕事、WTCCをこの重要な地域にもたらすことができたことに、とても興奮している。ナセル会長はモータースポーツの大ファンであり、我々は彼と彼のチームの仕事ぶりを見て、その手腕を称賛してきた。モトGPだけではない。国におけるモータースポーツの成長や、女性の参画も非常に高いスタンダードだ。WTCCカタールラウンドは素晴らしいショーとなるだろう。素晴らしいシーズンの締めくくりとなるはずだ」。

ナセル会長は「WTCCがカタールに来ることを、我々はとてもうれしく思っている。素晴らしいレース、素晴らしい選手権であり、素晴らしいイベントになるように、我々は全力を尽くすよ。我が国のモータースポーツへの情熱は激しく、中東にWTCCを迎えることを楽しみにしている」と述べた。

サインの場には、FIAの世界選手権で初めて勝利を挙げたアラブ人ドライバーのメフディ・ベナーニ、WTCC王者となった経験を持つロブ・ハフとガブリエル・タルキーニも参列している。

ナセル・ハリファ・アル・アトヤ会長との質疑応答はこちらから。(英語)

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。