Back

News

カタールがWTCCファミリーに

カタールがWTCCファミリーに

07/07/2015 15:36

ポール・リカール・サーキットでWTCCのフランソワ・リベイロGMとQMMF(カタール・モーター&モーターサイクル連盟)のナセル・ハリファ・アル・アトヤ会長が、11月に開催されるWTCCカタールラウンドに関する合意にサインした。正式にカタールがWTCCファミリーに歓迎されたのだ。

WTCCカタールラウンドはシーズンの最終ラウンドとして、ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催される。

リベイロGMは「日程構造を変更するのは簡単ではないが、2015年は初めての中東でのレースを含め、40%が変わった」と語った。「我々は新たなイベントを加えただけではない。新たなパートナーを手に入れたのだ。QMMFとの仕事、WTCCをこの重要な地域にもたらすことができたことに、とても興奮している。ナセル会長はモータースポーツの大ファンであり、我々は彼と彼のチームの仕事ぶりを見て、その手腕を称賛してきた。モトGPだけではない。国におけるモータースポーツの成長や、女性の参画も非常に高いスタンダードだ。WTCCカタールラウンドは素晴らしいショーとなるだろう。素晴らしいシーズンの締めくくりとなるはずだ」。

ナセル会長は「WTCCがカタールに来ることを、我々はとてもうれしく思っている。素晴らしいレース、素晴らしい選手権であり、素晴らしいイベントになるように、我々は全力を尽くすよ。我が国のモータースポーツへの情熱は激しく、中東にWTCCを迎えることを楽しみにしている」と述べた。

サインの場には、FIAの世界選手権で初めて勝利を挙げたアラブ人ドライバーのメフディ・ベナーニ、WTCC王者となった経験を持つロブ・ハフとガブリエル・タルキーニも参列している。

ナセル・ハリファ・アル・アトヤ会長との質疑応答はこちらから。(英語)

来季のWTCC開幕まで4カ月。4月9日にマラケシュで開催されるWTCCモロッコラウンドで期待できることはなんだろうか。

写真はFIA授賞式でシトロエン・レーシングのイヴス・マットン代表、WTCC王者ホセ・マリア・ロペス、2位イヴァン・ミュラーと一緒のモンテイロ。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。

ポールスター・シアン・レーシングは、最高の形で2016年のWTCCを終えた。テッド・ビョルクがボルボS60ポーツスターTC1で2レース連続表彰台を勝ち取り、ドライバーズ選手権で10位フィニッシュしたのだ。