Back

News

日本ラウンド、予選でポールポジションを獲得したのはミケリス

日本ラウンド、予選でポールポジションを獲得したのはミケリス

12/09/2015 10:02

13日に行われるJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドのレース1で、ポールポジションからスタートするのは、ノルベルト・ミケリスとなった。ミケリスはボーナスの5ポイントを手にしている。

全長4.801キロのツインリンクもてぎで、ホンダ・シビックをドライブするミケリスは、Q3のドラマティックな終盤戦で1分55秒596という最速タイムを出した。フロントローで並ぶのは、ホセ・マリア・ロペス。その後、セバスティアン・ローブ、メフディ・ベナーニ、マ・チンホワが続いた。

ミケリスが予選でトップに立ったことで、2015年に入ってから続いたシトロエンのポールポジション独占に終止符が打たれた。ミケリスにとってはWTCCで3度目、ホンダにとっては5度目のトップからのスタートだ。

一方、ガブリエル・タルキーニはQ3に進むことができず。本人はミスを犯しすぎたと話している。日本でのこれまでの3セッションではすべてトップに立っていたタルキーニだが、予選では6位に終わった。イヴァン・ミュラーが7位、チアゴ・モンテイロが8位。トム・チルトンが9位、ニッキー・カツバーグが10位と続いている。カツバーグはリバースグリッドのレース2でポールポジションに入るはずだった。だが、チルトンのQ2でのベストラップが違反で認められず、シボレーのウーゴ・バレンテが10位に順位を上げ、レース2でのポールポジションを獲得した。WTCCデビューとなるル・マン24時間レース勝者のニコラ・ラピエールも、初の予選でQ2に進んでいる。

元王者のロブ・ハフはQ2に進めず。グレゴワール・ドゥムースティエやトム・コロネル、ジョン・フィリッピ、ステファノ・ダステもQ1で敗退となった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。

セバスティアン・ローブ・レーシングのエンジニアであるジャン=フィリップ・ニコラオは、チームにとって厳しい結果となったマラケシュでのレースに言い訳はないと述べた。

イヴァン・ミュラーは、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのレースに臨む前に時間が必要だと認めている。