Back

News

日本ラウンド、予選でポールポジションを獲得したのはミケリス

日本ラウンド、予選でポールポジションを獲得したのはミケリス

12/09/2015 10:02

13日に行われるJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドのレース1で、ポールポジションからスタートするのは、ノルベルト・ミケリスとなった。ミケリスはボーナスの5ポイントを手にしている。

全長4.801キロのツインリンクもてぎで、ホンダ・シビックをドライブするミケリスは、Q3のドラマティックな終盤戦で1分55秒596という最速タイムを出した。フロントローで並ぶのは、ホセ・マリア・ロペス。その後、セバスティアン・ローブ、メフディ・ベナーニ、マ・チンホワが続いた。

ミケリスが予選でトップに立ったことで、2015年に入ってから続いたシトロエンのポールポジション独占に終止符が打たれた。ミケリスにとってはWTCCで3度目、ホンダにとっては5度目のトップからのスタートだ。

一方、ガブリエル・タルキーニはQ3に進むことができず。本人はミスを犯しすぎたと話している。日本でのこれまでの3セッションではすべてトップに立っていたタルキーニだが、予選では6位に終わった。イヴァン・ミュラーが7位、チアゴ・モンテイロが8位。トム・チルトンが9位、ニッキー・カツバーグが10位と続いている。カツバーグはリバースグリッドのレース2でポールポジションに入るはずだった。だが、チルトンのQ2でのベストラップが違反で認められず、シボレーのウーゴ・バレンテが10位に順位を上げ、レース2でのポールポジションを獲得した。WTCCデビューとなるル・マン24時間レース勝者のニコラ・ラピエールも、初の予選でQ2に進んでいる。

元王者のロブ・ハフはQ2に進めず。グレゴワール・ドゥムースティエやトム・コロネル、ジョン・フィリッピ、ステファノ・ダステもQ1で敗退となった。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。