Back

News

日本ラウンド、予選でポールポジションを獲得したのはミケリス

日本ラウンド、予選でポールポジションを獲得したのはミケリス

12/09/2015 10:02

13日に行われるJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドのレース1で、ポールポジションからスタートするのは、ノルベルト・ミケリスとなった。ミケリスはボーナスの5ポイントを手にしている。

全長4.801キロのツインリンクもてぎで、ホンダ・シビックをドライブするミケリスは、Q3のドラマティックな終盤戦で1分55秒596という最速タイムを出した。フロントローで並ぶのは、ホセ・マリア・ロペス。その後、セバスティアン・ローブ、メフディ・ベナーニ、マ・チンホワが続いた。

ミケリスが予選でトップに立ったことで、2015年に入ってから続いたシトロエンのポールポジション独占に終止符が打たれた。ミケリスにとってはWTCCで3度目、ホンダにとっては5度目のトップからのスタートだ。

一方、ガブリエル・タルキーニはQ3に進むことができず。本人はミスを犯しすぎたと話している。日本でのこれまでの3セッションではすべてトップに立っていたタルキーニだが、予選では6位に終わった。イヴァン・ミュラーが7位、チアゴ・モンテイロが8位。トム・チルトンが9位、ニッキー・カツバーグが10位と続いている。カツバーグはリバースグリッドのレース2でポールポジションに入るはずだった。だが、チルトンのQ2でのベストラップが違反で認められず、シボレーのウーゴ・バレンテが10位に順位を上げ、レース2でのポールポジションを獲得した。WTCCデビューとなるル・マン24時間レース勝者のニコラ・ラピエールも、初の予選でQ2に進んでいる。

元王者のロブ・ハフはQ2に進めず。グレゴワール・ドゥムースティエやトム・コロネル、ジョン・フィリッピ、ステファノ・ダステもQ1で敗退となった。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。