Back

News

ポルトガルラウンド、ロペスがポールポジションを獲得

ポルトガルラウンド、ロペスがポールポジションを獲得

11/07/2015 20:13

OSCARO.com WTCCポルトガルラウンド予選は、ホセ・マリア・ロペスがポールポジションを獲得した。ロペスは2015年4回目のポールポジションで、選手権で5ポイントを加えている。

ポルトガルモータースポーツ連盟のニ・アモリム副会長から表彰されたロペスは、「僕だけじゃなく、エンジニアとメカニックたちによるラップだ。彼らはハードワークしたからね」と述べた。「イヴァンがQ3にいなかったから、よりリラックスできた。それでミスをせずにクリーンなラップにする自信となったんだ。タイムを見たときは驚いたけど、ポールポジションを取り戻せたのは素晴らしい気分だね」。

ラリーで世界王者になること9回のセバスティアン・ローブも好調を続け、シトロエン勢がフロントローを獲得。シボレー・クルーズのウーゴ・バレンテが3位に入り、ヨコハマ・ドライバーズ選手権ではトップとなった。4位はホンダ勢でトップとなったノルベルト・ミケリス。5位はガブリエル・タルキーニ、6位もカストール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームのチームメートであるチアゴ・モンテイロとなっている。

7位にはニッキー・カツバーグ、8位もラーダの同僚ヤープ・ファン・ラーゲンが吐いた。ロペスと選手権でタイトルを争うイヴァン・ミュラーが9位。マ・チンホワが10位に入り、リバースグリッドとなるレース2でポールポジションとなった。

メフディ・ベナーニはQ2でバリアと接触したこともあり、11位に。ネストール・ジロラミはQ2に初めて進んだが、ホンダ・レーシング・チーム・スウェーデン・シビックの左フロントホイールがダメージを受け、その後の予選を続けられず。マシン回収のために赤旗が振られた。ジロラミは12位スタートとなる。

トム・チルトン、トム・コロネル、ステファノ・ダステ、グレゴワール・ドゥムースティエ、ジョン・フィリッピ、ロブ・ハフはそれぞれQ1を突破できず。コロネルはセッション終盤に妨害されたとマ・チンホワに怒りをみせている。一方、ハフは損傷したホイールハブの修復が遅れた。

予選終了時の暫定順位表はこちら

予選獲得ポイント
ロペス(5ポイント)
ローブ(4ポイント)
バレンテ(3ポイント)
ミケリス(2ポイント)
タルキーニ(1ポイント)

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。