Back

News

スロバキアラウンド予選、ミュラーがロペスを制してポールポジション

スロバキアラウンド予選、ミュラーがロペスを制してポールポジション

20/06/2015 19:02

WTCCスロバキアラウンドの予選セッションは、王者ホセ・マリア・ロペスを抑え、イヴァン・ミュラーがポールポジションを獲得した。

シトロエンCエリーゼをドライブするミュラーは、Q3で最後に登場。全長5.922キロのトラックでチームメートのロペスを上回り、タイトルレースでもロペスとの差を34ポイントに縮めた。

3位に入ったのは、ラリー優勝9回で昨季のスロバキア・リンクでも勝利したセバスティアン・ローブ。ラーダも好調を維持し、ロブ・ハフとニッキー・カツバーグがそれぞれQ3に進んでいる。さらに、ヤープ・ファン・ラーゲンも10位に入り、リバースグリッドのレース2でポールポジションとなり、ホンダのガブリエル・タルキーニと並ぶことになった。

優勝4回のミュラーは「良いラップだったし、もちろんとてもうれしいよ」と語った。「Q1ではマシンのバランスにあまり満足していなかった。でも、Q2でかなり良くなって、Q3でもさらにステップアップできた。マシンは完璧だったよ。思うようにホイールを動かせたし、ターン11を除いてこれ以上はできなかったと思う」。

2015年の4勝目を目指すミュラーは、「ここはタフなサーキットだ。特に僕らのウェイト調整もあるし、モスクワで見たようにラーダ勢は速くなるだろう。レースを通じて彼らを抑えるのは大変だろうね。でも、目標は良いスタートを切り、ポールポジションから最初のコーナーでもトップを維持して、それからもできるだけプッシュしていくことだ」と語った。

カンポス・レーシング・シボレーのウーゴ・バレンテはわずかにQ3に届かず、6位スタート。マ・チンホワが7位、ROALのトム・チルトンが8位、タルキーニが9位、ファン・ラーゲンが10位となった。地元の英雄マト・ホモラはWTCCデビューでQ2進出を果たし、11位スタートとなっている。12位はメフディ・ベナーニ。

上位を争う中でQ1を突破できなかった唯一のドライバーがノルベルト・ミケリス。13位に終わっている。ジョン・フィリッピ、トム・コロネル、ステファノ・ダステ、チアゴ・モンテイロが後に続いている。スーパーTC2000王者のネストール・ジロラミは、WTCCデビューで18位。フリー走行2回目のクラッシュで、グレゴワール・ドゥムースティエのクラフト・バンブー・シボレーは損傷が激しく、予選に参加できなかった。

予選獲得ポイント
イヴァン・ミュラー:5ポイント
ホセ・マリア・ロペス:4ポイント
セバスティアン・ローブ:3ポイント
ロブ・ハフ:2ポイント
ニッキー・カツバーグ:1ポイント

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。

セバスティアン・ローブ・レーシングのエンジニアであるジャン=フィリップ・ニコラオは、チームにとって厳しい結果となったマラケシュでのレースに言い訳はないと述べた。

イヴァン・ミュラーは、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのレースに臨む前に時間が必要だと認めている。

ホンダの代表アレッサンドロ・マリアーニは、冬の変更が今季のWTCCで幸運を呼び寄せたと信じている。