Back

News

フランス、レース1はローブが地元で勝利

フランス、レース1はローブが地元で勝利

28/06/2015 13:24

ポール・リカール・サーキットで行われたフランスラウンドのレース1は、フランス人のセバスティアン・ローブがポールポジションから3勝目を挙げた。

ラリーで世界王者に9度輝いたローブは、シトロエンのチームメートであるイヴァン・ミュラーやホセ・マリア・ロペスとの激しい争いを制し、タイトル争いでもロペスに26ポイント差に迫った。

6秒差で勝利したローブは、「最初はイヴァンにプレッシャーをかけられ、1、2回ドアを閉めなければいけなかった」と語った。「少しリードを奪うことができて、望むようにドライブできたね。彼はロペスからプレッシャーをかけられていたから、それで僕は引き離すことができたんだ」。

「でも、集中を保たなければいけない。リズムを保ち、タイヤを少しセーブして、自分にできるドライブをしたい」

シトロエンはマ・チンホワも4位フィニッシュ。5位はシボレーのトム・チルトンで、ヨコハマ・ドライバーズ選手権の中でトップだった。

ノルベルト・ミケルスはホンダの同僚チアゴ・モンテイロを制して6位。8位はガブリエル・タルキーニ、9位はラーダのヤープ・ファン・ラーゲンをかわしたメフディ・ベナーニだった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのテスト走行は、シトロエンのチームメートであるホセ・マリア・ロペスを抑えてイヴァン・ミュラーが最速だった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。