Back

News

フランス、レース1はローブが地元で勝利

フランス、レース1はローブが地元で勝利

28/06/2015 13:24

ポール・リカール・サーキットで行われたフランスラウンドのレース1は、フランス人のセバスティアン・ローブがポールポジションから3勝目を挙げた。

ラリーで世界王者に9度輝いたローブは、シトロエンのチームメートであるイヴァン・ミュラーやホセ・マリア・ロペスとの激しい争いを制し、タイトル争いでもロペスに26ポイント差に迫った。

6秒差で勝利したローブは、「最初はイヴァンにプレッシャーをかけられ、1、2回ドアを閉めなければいけなかった」と語った。「少しリードを奪うことができて、望むようにドライブできたね。彼はロペスからプレッシャーをかけられていたから、それで僕は引き離すことができたんだ」。

「でも、集中を保たなければいけない。リズムを保ち、タイヤを少しセーブして、自分にできるドライブをしたい」

シトロエンはマ・チンホワも4位フィニッシュ。5位はシボレーのトム・チルトンで、ヨコハマ・ドライバーズ選手権の中でトップだった。

ノルベルト・ミケルスはホンダの同僚チアゴ・モンテイロを制して6位。8位はガブリエル・タルキーニ、9位はラーダのヤープ・ファン・ラーゲンをかわしたメフディ・ベナーニだった。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。