Back

News

フランス、レース1はローブが地元で勝利

フランス、レース1はローブが地元で勝利

28/06/2015 13:24

ポール・リカール・サーキットで行われたフランスラウンドのレース1は、フランス人のセバスティアン・ローブがポールポジションから3勝目を挙げた。

ラリーで世界王者に9度輝いたローブは、シトロエンのチームメートであるイヴァン・ミュラーやホセ・マリア・ロペスとの激しい争いを制し、タイトル争いでもロペスに26ポイント差に迫った。

6秒差で勝利したローブは、「最初はイヴァンにプレッシャーをかけられ、1、2回ドアを閉めなければいけなかった」と語った。「少しリードを奪うことができて、望むようにドライブできたね。彼はロペスからプレッシャーをかけられていたから、それで僕は引き離すことができたんだ」。

「でも、集中を保たなければいけない。リズムを保ち、タイヤを少しセーブして、自分にできるドライブをしたい」

シトロエンはマ・チンホワも4位フィニッシュ。5位はシボレーのトム・チルトンで、ヨコハマ・ドライバーズ選手権の中でトップだった。

ノルベルト・ミケルスはホンダの同僚チアゴ・モンテイロを制して6位。8位はガブリエル・タルキーニ、9位はラーダのヤープ・ファン・ラーゲンをかわしたメフディ・ベナーニだった。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。