Back

News

日本ラウンド、レース1を制したのはロペス

日本ラウンド、レース1を制したのはロペス

13/09/2015 07:57

JVC KENWOOD WTCC日本ラウンド、スリリングなレース1はホセ・マリア・ロペスが制した。

ポールポジションからスタートしたホンダのノルベルト・ミケリスは、最初のコーナーでロペスを抑えることができず、2位に終わった。同じくホンダのガブリエル・タルキーニが3位で続いている。

2015年シーズンの7勝目を挙げたロペスは、「信じられないよ」と語った。「予想外だった。ホンダがとても良いスタートを切っていたからね。僕は安全なスタートをしようとしていたけど、自信はあったよ。僕にはファンタスティックなチームがいて、勝負できるんだ。マシンはファンタスティックだった。(ウェイト調整で60キロの)負荷があったのにね。かなり苦しんだかもしれないけど、このマシンは無敵みたいだった」。

4位は、シトロエンのチームメートであるイヴァン・ミュラーを終盤に抜いたマ・チンホワ。ミュラーが5位、セバスティアン・ローブが6位、メフディ・ベナーニが7位と続いた。チアゴ・モンテイロ、ウーゴ・バレンテとスリリングなバトルを見せたロブ・ハフが8位。WTCCデビューとなったニコラ・ラピエールは10位だった。ROALモータースポーツのトム・コロネルとトム・チルトンは、それぞれターン5でクラッシュし、リタイヤしている。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。