Back

News

日本ラウンド、レース1を制したのはロペス

日本ラウンド、レース1を制したのはロペス

13/09/2015 07:57

JVC KENWOOD WTCC日本ラウンド、スリリングなレース1はホセ・マリア・ロペスが制した。

ポールポジションからスタートしたホンダのノルベルト・ミケリスは、最初のコーナーでロペスを抑えることができず、2位に終わった。同じくホンダのガブリエル・タルキーニが3位で続いている。

2015年シーズンの7勝目を挙げたロペスは、「信じられないよ」と語った。「予想外だった。ホンダがとても良いスタートを切っていたからね。僕は安全なスタートをしようとしていたけど、自信はあったよ。僕にはファンタスティックなチームがいて、勝負できるんだ。マシンはファンタスティックだった。(ウェイト調整で60キロの)負荷があったのにね。かなり苦しんだかもしれないけど、このマシンは無敵みたいだった」。

4位は、シトロエンのチームメートであるイヴァン・ミュラーを終盤に抜いたマ・チンホワ。ミュラーが5位、セバスティアン・ローブが6位、メフディ・ベナーニが7位と続いた。チアゴ・モンテイロ、ウーゴ・バレンテとスリリングなバトルを見せたロブ・ハフが8位。WTCCデビューとなったニコラ・ラピエールは10位だった。ROALモータースポーツのトム・コロネルとトム・チルトンは、それぞれターン5でクラッシュし、リタイヤしている。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。

ポールスター・シアン・レーシングは、最高の形で2016年のWTCCを終えた。テッド・ビョルクがボルボS60ポーツスターTC1で2レース連続表彰台を勝ち取り、ドライバーズ選手権で10位フィニッシュしたのだ。

...

03/12/2016 14:19 - 2016

2日にFIA授賞式でWTCCでの3連覇を正式に表彰された翌日、ホセ・マリア・ロペスはニュルブルクリンク・ノルトシュライフェ・ベストドライバー・トロフィーを受賞した。ロペスは今季、伝説のトラックで2連勝を飾っている。

2日にウィーンで開催されたFIA表彰式で、WTCCのトップドライバー3名が表彰された。シトロエンはマニュファクチャラーズ選手権優勝を表彰されている。