Back

News

日本ラウンド、レース1を制したのはロペス

日本ラウンド、レース1を制したのはロペス

13/09/2015 07:57

JVC KENWOOD WTCC日本ラウンド、スリリングなレース1はホセ・マリア・ロペスが制した。

ポールポジションからスタートしたホンダのノルベルト・ミケリスは、最初のコーナーでロペスを抑えることができず、2位に終わった。同じくホンダのガブリエル・タルキーニが3位で続いている。

2015年シーズンの7勝目を挙げたロペスは、「信じられないよ」と語った。「予想外だった。ホンダがとても良いスタートを切っていたからね。僕は安全なスタートをしようとしていたけど、自信はあったよ。僕にはファンタスティックなチームがいて、勝負できるんだ。マシンはファンタスティックだった。(ウェイト調整で60キロの)負荷があったのにね。かなり苦しんだかもしれないけど、このマシンは無敵みたいだった」。

4位は、シトロエンのチームメートであるイヴァン・ミュラーを終盤に抜いたマ・チンホワ。ミュラーが5位、セバスティアン・ローブが6位、メフディ・ベナーニが7位と続いた。チアゴ・モンテイロ、ウーゴ・バレンテとスリリングなバトルを見せたロブ・ハフが8位。WTCCデビューとなったニコラ・ラピエールは10位だった。ROALモータースポーツのトム・コロネルとトム・チルトンは、それぞれターン5でクラッシュし、リタイヤしている。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。