Back

News

日本ラウンド、レース1を制したのはロペス

日本ラウンド、レース1を制したのはロペス

13/09/2015 07:57

JVC KENWOOD WTCC日本ラウンド、スリリングなレース1はホセ・マリア・ロペスが制した。

ポールポジションからスタートしたホンダのノルベルト・ミケリスは、最初のコーナーでロペスを抑えることができず、2位に終わった。同じくホンダのガブリエル・タルキーニが3位で続いている。

2015年シーズンの7勝目を挙げたロペスは、「信じられないよ」と語った。「予想外だった。ホンダがとても良いスタートを切っていたからね。僕は安全なスタートをしようとしていたけど、自信はあったよ。僕にはファンタスティックなチームがいて、勝負できるんだ。マシンはファンタスティックだった。(ウェイト調整で60キロの)負荷があったのにね。かなり苦しんだかもしれないけど、このマシンは無敵みたいだった」。

4位は、シトロエンのチームメートであるイヴァン・ミュラーを終盤に抜いたマ・チンホワ。ミュラーが5位、セバスティアン・ローブが6位、メフディ・ベナーニが7位と続いた。チアゴ・モンテイロ、ウーゴ・バレンテとスリリングなバトルを見せたロブ・ハフが8位。WTCCデビューとなったニコラ・ラピエールは10位だった。ROALモータースポーツのトム・コロネルとトム・チルトンは、それぞれターン5でクラッシュし、リタイヤしている。

シトロエン・レーシング代表のイヴス・マットンは、WTCC優勝4回のイヴァン・ミュラーが、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでも不運に見舞われ続けたことに同情している。

ノルベルト・ミケリスは、ホンダのチームメートであるチアゴ・モンテイロの健康こそが、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでの表彰台よりも大切だと述べた。

トム・チルトンがWTCCで2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスを称賛し、モータースポーツ界のレジェンドであるアイルトン・セナ氏と比較できると述べた。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、ノルベルト・ミケリスとのバトルの末にホセ・マリア・ロペスが制し、ドイツラウンドで2連勝を飾った。

ファイナルラップでチアゴ・モンテイロとイヴァン・ミュラーがクラッシュするドラマティックな終わりを迎えたWTCCドイツラウンドのオープニングレースは、ホセ・マリア・ロペスの勝利に終わった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのMAC3は、ホンダがシトロエンを下した。