Back

News

ポルトガルラウンド、レース1はロペスが今季6勝目

ポルトガルラウンド、レース1はロペスが今季6勝目

12/07/2015 13:21

ヴィラ・レアルで開催されたOSCARO.com WTCCポルトガルラウンドのレース1で、ホセ・マリア・ロペスがポールポジションからスタイリッシュな勝利を挙げた。今季のWTCC6勝目だ。

ロペスはスタートからダッシュし、決して抜かれることなく、シトロエンのチームメートであるセバスティアン・ローブとのタイトル争いでリードを広げた。

ロペスは「見た目以上に難しいレースだった」と語った。「マシンの中はすごく暑くて、タイヤからは振動が来ていた。ここはスローダウンするのが難しいんだ。でも、どこでもフラットになる必要がある。レース前はナーバスになっていた。でも、すべてが正しく進んだんだ。チームのために勝ててうれしいよ。レース2のことはあまり考えていない。とても難しいレースとなるだろう。僕らは前を向き続けるために、いくつかポイントが必要だ」。

クラッチの問題を抱えたウーゴ・バレンテがスタートで苦しんだのを生かし、ノルベルト・ミケルスが3位フィニッシュ。ホンダのガブリエル・タルキーニと、地元ポルトガル出身のチアゴ・モンテイロが、それぞれ4位と5位に入っている。

以降はマ・チンホワ、イヴァン・ミュラー、ヤープ・ファン・ラーゲン、ニッキー・カツバーグ、ロブ・ハフと続いている。

バレンテは1周目の事故でピットへ戻ることに。ネストール・ジロラミはメカニカルとみられるトラブルでストップした。レース1終了後、暫定の順位表はこちら

ホンダはポルトガルラウンドでチアゴ・モンテイロが勝利を収めた。ノルベルト・ミケリスは、60キロのウェイトにもかかわらず、勝利を手にしたことを喜んでいる。

テッド・ビョルクはヴィラ・レアルのストリートサーキットで「ファイティングパフォーマンス」を披露し、14ポイントを獲得した。

2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスは、6月26日のポルトガルラウンドの予選で何度かミスを犯し、彼もまた人間であることを示した形となった。だが、アルゼンチン人ドライバーは2度のレースでそれぞれ5位となり、選手権でトップを維持している。

ホンダが26日、異なる2つの国で勝利を手にした。トラックでは、ポルトガルラウンドで地元出身のチアゴ・モンテイロが優勝。トラックの外では、イングランド南部で開催された「Goodwood Festival of Speed」で行われた初のWTCC ART CARSで勝利を収めている。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのメインレースは、地元出身のチアゴ・モンテイロはが制した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニングレースは、トム・コロネルがトム・チルトンを抑えて今季2度目の勝利を収めた。