Back

News

ポルトガルラウンド、レース1はロペスが今季6勝目

ポルトガルラウンド、レース1はロペスが今季6勝目

12/07/2015 13:21

ヴィラ・レアルで開催されたOSCARO.com WTCCポルトガルラウンドのレース1で、ホセ・マリア・ロペスがポールポジションからスタイリッシュな勝利を挙げた。今季のWTCC6勝目だ。

ロペスはスタートからダッシュし、決して抜かれることなく、シトロエンのチームメートであるセバスティアン・ローブとのタイトル争いでリードを広げた。

ロペスは「見た目以上に難しいレースだった」と語った。「マシンの中はすごく暑くて、タイヤからは振動が来ていた。ここはスローダウンするのが難しいんだ。でも、どこでもフラットになる必要がある。レース前はナーバスになっていた。でも、すべてが正しく進んだんだ。チームのために勝ててうれしいよ。レース2のことはあまり考えていない。とても難しいレースとなるだろう。僕らは前を向き続けるために、いくつかポイントが必要だ」。

クラッチの問題を抱えたウーゴ・バレンテがスタートで苦しんだのを生かし、ノルベルト・ミケルスが3位フィニッシュ。ホンダのガブリエル・タルキーニと、地元ポルトガル出身のチアゴ・モンテイロが、それぞれ4位と5位に入っている。

以降はマ・チンホワ、イヴァン・ミュラー、ヤープ・ファン・ラーゲン、ニッキー・カツバーグ、ロブ・ハフと続いている。

バレンテは1周目の事故でピットへ戻ることに。ネストール・ジロラミはメカニカルとみられるトラブルでストップした。レース1終了後、暫定の順位表はこちら

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。