Back

News

ポルトガルラウンド、レース1はロペスが今季6勝目

ポルトガルラウンド、レース1はロペスが今季6勝目

12/07/2015 13:21

ヴィラ・レアルで開催されたOSCARO.com WTCCポルトガルラウンドのレース1で、ホセ・マリア・ロペスがポールポジションからスタイリッシュな勝利を挙げた。今季のWTCC6勝目だ。

ロペスはスタートからダッシュし、決して抜かれることなく、シトロエンのチームメートであるセバスティアン・ローブとのタイトル争いでリードを広げた。

ロペスは「見た目以上に難しいレースだった」と語った。「マシンの中はすごく暑くて、タイヤからは振動が来ていた。ここはスローダウンするのが難しいんだ。でも、どこでもフラットになる必要がある。レース前はナーバスになっていた。でも、すべてが正しく進んだんだ。チームのために勝ててうれしいよ。レース2のことはあまり考えていない。とても難しいレースとなるだろう。僕らは前を向き続けるために、いくつかポイントが必要だ」。

クラッチの問題を抱えたウーゴ・バレンテがスタートで苦しんだのを生かし、ノルベルト・ミケルスが3位フィニッシュ。ホンダのガブリエル・タルキーニと、地元ポルトガル出身のチアゴ・モンテイロが、それぞれ4位と5位に入っている。

以降はマ・チンホワ、イヴァン・ミュラー、ヤープ・ファン・ラーゲン、ニッキー・カツバーグ、ロブ・ハフと続いている。

バレンテは1周目の事故でピットへ戻ることに。ネストール・ジロラミはメカニカルとみられるトラブルでストップした。レース1終了後、暫定の順位表はこちら

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのテスト走行は、シトロエンのチームメートであるホセ・マリア・ロペスを抑えてイヴァン・ミュラーが最速だった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。