Back

News

中国ラウンド、レース1を制したのはロペス

中国ラウンド、レース1を制したのはロペス

27/09/2015 09:47

上海国際サーキットで行われたROSNEFT WTCC中国ラウンドのレース1は、ホセ・マリア・ロペスがポールポジションからそのまま逃げ切って今季8勝目を挙げた。

王者と競うことが予想された地元のマ・チンホワは、スロースタートで脱落。オープニングラップはアクシデントもあり、トム・コロネルのシボレーが撤収されるまで、セーフティーカーが導入された。

ロペスが逃げ切ったのに続き、シトロエンの同僚であるイヴァン・ミュラーとセバスティアン・ローブが激しい2位争いを繰り広げ、ミュラーが2位、ローブが3位となった。表彰台を独占したシトロエンは、2年連続となるマニュファクチャラー選手権制覇をほぼ確かなものとしている。

4位は、レース再開後に3位のローブにプレッシャーをかけたラーダ・スポーツ・ロスネフチのニッキー・カツバーグ。5位にはメフディ・ベナーニが入り、ヨコハマ・ドライバーズ選手権でトップとなった。6位は15位スタートだったホンダのノルベルト・ミケリス。最終ラップでニコラ・ラピエールをとらえた。

マ・チンホワは8位につけていたが、ミケリスを抜こうとしてトラックから外れた。これにより、ホンダのチアゴ・モンテイロと、グレゴワール・ドゥムースティエを抜いたウーゴ・バレンテ(シボレー・クルーズ)が8位となる。だが、モンテイロはその後、残り3ラップでバレンテを巻き返して8位となった。ドゥムースティエはピットイン。ステファノ・ダステが10位に入った。

ロブ・ハフはオープニングラプでガブリエル・タルキーニと衝突してリタイヤ。トム・チルトンもモンテイロとの接触でシボレーの前部が損傷を負ってリタイヤしている。ジョン・フィリッピはキャリア最高となる7位スタートだったが、1週目でスピンし、その後リタイヤという残念な結果に終わった。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。