Back

News

スロバキアラウンド、レース1はミュラーが勝利

スロバキアラウンド、レース1はミュラーが勝利

21/06/2015 13:25

WTCCスロバキアラウンドのレース1は、シトロエンCエリーゼをドライブするイヴァン・ミュラーが、ポールポジションからチェッカーフラッグを受けている。

WTCC制覇4回を誇るミュラーは、ポールポジションからまったく首位の座を許さず、今季4勝目を飾った。

ミュラーはこの勝利により、タイトルレースでチームメートでもある王者ホセ・マリア・ロペスとの差を詰めている。ロペスはレース1で2位フィニッシュ。3位はセバスティアン・ローブが入り、シトロエン勢が表彰台を独占した。

4位はラーダのロブ・ハフ。続いてウーゴ・バレンテが5位に入り、ヨコハマ・ドライバーズ選手権のトップを取っている。

ホンダ勢ではガブリエル・タルキーニが最高位で6位。トム・チルトンが7位、チアゴ・モンテイロが17位スタートから8位、トム・コロネルが9位、WTCCデビューのネストール・ジロラミが18位スタートから10位に入っている。地元の英雄マト・ホモラは13位。ステファノ・ダステ、ジョン・フィリッピがこれに続いた。

ホンダが26日、異なる2つの国で勝利を手にした。トラックでは、ポルトガルラウンドで地元出身のチアゴ・モンテイロが優勝。トラックの外では、イングランド南部で開催された「Goodwood Festival of Speed」で行われた初のWTCC ART CARSで勝利を収めている。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのメインレースは、地元出身のチアゴ・モンテイロはが制した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニングレースは、トム・コロネルがトム・チルトンを抑えて今季2度目の勝利を収めた。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのMAC3は、シトロエンが接戦を制した。

...

25/06/2016 16:42 - 2016

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニング・レースは、トム・コロネルがポールポジションスタートとなった。

チアゴ・モンテイロが地元ヴィラ・レアルで6年ぶりにポールポジションを獲得した。