Back

News

スロバキアラウンド、レース1はミュラーが勝利

スロバキアラウンド、レース1はミュラーが勝利

21/06/2015 13:25

WTCCスロバキアラウンドのレース1は、シトロエンCエリーゼをドライブするイヴァン・ミュラーが、ポールポジションからチェッカーフラッグを受けている。

WTCC制覇4回を誇るミュラーは、ポールポジションからまったく首位の座を許さず、今季4勝目を飾った。

ミュラーはこの勝利により、タイトルレースでチームメートでもある王者ホセ・マリア・ロペスとの差を詰めている。ロペスはレース1で2位フィニッシュ。3位はセバスティアン・ローブが入り、シトロエン勢が表彰台を独占した。

4位はラーダのロブ・ハフ。続いてウーゴ・バレンテが5位に入り、ヨコハマ・ドライバーズ選手権のトップを取っている。

ホンダ勢ではガブリエル・タルキーニが最高位で6位。トム・チルトンが7位、チアゴ・モンテイロが17位スタートから8位、トム・コロネルが9位、WTCCデビューのネストール・ジロラミが18位スタートから10位に入っている。地元の英雄マト・ホモラは13位。ステファノ・ダステ、ジョン・フィリッピがこれに続いた。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、ノルベルト・ミケリスとのバトルの末にホセ・マリア・ロペスが制し、ドイツラウンドで2連勝を飾った。

ファイナルラップでチアゴ・モンテイロとイヴァン・ミュラーがクラッシュするドラマティックな終わりを迎えたWTCCドイツラウンドのオープニングレースは、ホセ・マリア・ロペスの勝利に終わった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのMAC3は、ホンダがシトロエンを下した。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、見事なタイムを出したホセ・マリア・ロペスがポールポジションからスタートすることになった。

...

27/05/2016 08:00 - 2016

ホンダ・レーシング・チーム・JASとゼングー・モータースポーツの計4台が、WTCCハンガリーラウンドとモロッコラウンドの結果から除外されることになった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。