Back

News

スロバキアラウンド、レース2はローブが勝利を取り戻す

スロバキアラウンド、レース2はローブが勝利を取り戻す

21/06/2015 14:29

WTCCスロバキアラウンドのレース2は、ガブリエル・タルキーニを抜いてセバスティアン・ローブが勝利した。

アルゼンチンでのオープニングラウンドから勝利がなかったローブは、シトロエンで8位スタートだったが、力強いスタートを切り、1週目でホンダのタルキーニに勝負を仕掛けた。

続くラップはタルキーニが耐えたものの、3週目のターン2でローブが抜く。さらにタルキーニは王者ホセ・マリア・ロペスとレース1を制したイヴァン・ミュラーにも抜かれ、4位に転落した。

ローブが快走する一方で、ロペスとミュラーは2位の座を争い、ロペスが2位フィニッシュしている。

ウーゴ・バレンテは5位に入り、ヨコハマ・ドライバーズ選手権でトップ。リバースグリッドのポールポジションスタートだったラーダのヤープ・ファン・ラーゲンは、6位で終わった。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。