Back

News

日本ラウンド、レース2はモンテイロがホンダに母国での勝利をもたらす

日本ラウンド、レース2はモンテイロがホンダに母国での勝利をもたらす

13/09/2015 09:08

JVC KENWOOD WTCC日本ラウンド、レース2はホンダのチアゴ・モンテイロが制し、ツインリンクもてぎでのスリリングな週末を締めくくった。

モンテイロはターン1でポールポジションのウーゴ・バレンテを抜き、2015年シーズンの2勝目を飾った。

レース1が200戦目というメモリアルレースだったモンテイロは、「すごくうれしいよ。ホンダのホームレースで、多くの人に感謝したい」と語った。「最初はちょっと問題もあったけど、マシンはすごく強かった。すごくうれしいよ」。

バレンテは序盤のミュラーからのプレッシャーに耐えて2位。ミュラーはシトロエンのボンネットが部分的に開いたことでピットインを余儀なくされた。

ミュラーの不運により、3位に入ったのが、ラーダのロブ・ハフ。セバスティアン・ローブ、ガブリエル・タルキーニとのドラマティックな3位争いを制している。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。