Back

News

日本ラウンド、レース2はモンテイロがホンダに母国での勝利をもたらす

日本ラウンド、レース2はモンテイロがホンダに母国での勝利をもたらす

13/09/2015 09:08

JVC KENWOOD WTCC日本ラウンド、レース2はホンダのチアゴ・モンテイロが制し、ツインリンクもてぎでのスリリングな週末を締めくくった。

モンテイロはターン1でポールポジションのウーゴ・バレンテを抜き、2015年シーズンの2勝目を飾った。

レース1が200戦目というメモリアルレースだったモンテイロは、「すごくうれしいよ。ホンダのホームレースで、多くの人に感謝したい」と語った。「最初はちょっと問題もあったけど、マシンはすごく強かった。すごくうれしいよ」。

バレンテは序盤のミュラーからのプレッシャーに耐えて2位。ミュラーはシトロエンのボンネットが部分的に開いたことでピットインを余儀なくされた。

ミュラーの不運により、3位に入ったのが、ラーダのロブ・ハフ。セバスティアン・ローブ、ガブリエル・タルキーニとのドラマティックな3位争いを制している。

来季のWTCC開幕まで4カ月。4月9日にマラケシュで開催されるWTCCモロッコラウンドで期待できることはなんだろうか。

写真はFIA授賞式でシトロエン・レーシングのイヴス・マットン代表、WTCC王者ホセ・マリア・ロペス、2位イヴァン・ミュラーと一緒のモンテイロ。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。

ポールスター・シアン・レーシングは、最高の形で2016年のWTCCを終えた。テッド・ビョルクがボルボS60ポーツスターTC1で2レース連続表彰台を勝ち取り、ドライバーズ選手権で10位フィニッシュしたのだ。