Back

News

ノルトシュライフェ、レース2はミュラーが勝利

ノルトシュライフェ、レース2はミュラーが勝利

16/05/2015 12:55

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのWTCCドイツラウンド・レース2は、イヴァン・ミュラーが制した。

ホンダのチアゴ・モンテイロによる激しいプレッシャーに耐えたミュラーは、ドラマティックなフィニッシュでホセ・マリア・ロペスに0.173秒差をつけての勝利を収めた。

モンテイロはポールポジションからレースをリードしたが、ラップ1でドッティンガー・ホーヘのストレートでミュラーに抜かれた。モンテイロはミュラーに食らいつこうとしたが、最終ラップでガブリエル・タルキーニのスリップストリームから3位に浮上していたロペスに抜かれた。タルキーニは4位でフィニッシュ。セバスティアン・ローブが5位、メフディ・ベナーニが6位に入り、ヨコハマドライバーズ選手権でトロフィーを制した。

WTCC王者になること4回のミュラーは、「僕にとっては厳しい週末だった」と語った。「スタートに集中し、ダウンフォースでとてもアグレッシブにいった。ストレートで速かったね。戦略どおりだ。こうやってフィニッシュできたのは良かったよ」。

ロブ・ハフが7位に入り、ラーダが今週末初のポイント。トム・コロネルが8位、ヤープ・ファン・ラーゲンが9位、ジョン・フィリッピが10位、ザビーネ・シュミッツが11位だった。グレゴワール・ドゥムースティエがこれに続いている。ポイントに迫っていたマ・チンホワは最終ラップで激しくクラッシュしている。ステファノ・ダステはシュミッツとのコンタクトから損傷を負い、リタイヤ。ノルベルト・ミケリスはオープニングラップのクラッシュでサスペンションがダメージを受け、リタイヤしている。

4月のWTCCハンガリーラウンドでは、オープニングレースでメフディ・ベナーニが2度目の勝利を手にした。また、トム・チルトンが10位スタートから見事な追い上げを見せ、セバスティアン・ローブ・レーシングがワンツーフィニッシュを果たしている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。

来月、WTCCにデビューするエステバン・ゲリエリ。2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスに続くドライバーにまつわる注目の10ポイントを紹介する。

エステバン・ゲリエリが来月のWTCCアルゼンチンラウンドで、王者ホセ・マリア・ロペスとともに地元のトラックを走ることとなった。

ドライビングで語るホセ・マリア・ロペスだが、今月のブエノスアイレス200キロではステアリングをマイクに持ち替えることになった。