Back

News

ノルトシュライフェ、レース2はミュラーが勝利

ノルトシュライフェ、レース2はミュラーが勝利

16/05/2015 12:55

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのWTCCドイツラウンド・レース2は、イヴァン・ミュラーが制した。

ホンダのチアゴ・モンテイロによる激しいプレッシャーに耐えたミュラーは、ドラマティックなフィニッシュでホセ・マリア・ロペスに0.173秒差をつけての勝利を収めた。

モンテイロはポールポジションからレースをリードしたが、ラップ1でドッティンガー・ホーヘのストレートでミュラーに抜かれた。モンテイロはミュラーに食らいつこうとしたが、最終ラップでガブリエル・タルキーニのスリップストリームから3位に浮上していたロペスに抜かれた。タルキーニは4位でフィニッシュ。セバスティアン・ローブが5位、メフディ・ベナーニが6位に入り、ヨコハマドライバーズ選手権でトロフィーを制した。

WTCC王者になること4回のミュラーは、「僕にとっては厳しい週末だった」と語った。「スタートに集中し、ダウンフォースでとてもアグレッシブにいった。ストレートで速かったね。戦略どおりだ。こうやってフィニッシュできたのは良かったよ」。

ロブ・ハフが7位に入り、ラーダが今週末初のポイント。トム・コロネルが8位、ヤープ・ファン・ラーゲンが9位、ジョン・フィリッピが10位、ザビーネ・シュミッツが11位だった。グレゴワール・ドゥムースティエがこれに続いている。ポイントに迫っていたマ・チンホワは最終ラップで激しくクラッシュしている。ステファノ・ダステはシュミッツとのコンタクトから損傷を負い、リタイヤ。ノルベルト・ミケリスはオープニングラップのクラッシュでサスペンションがダメージを受け、リタイヤしている。

Redbull.comでのユーザー投票によるストリートサーキットのベスト10で、WTCCも開催されたマカオやパウ、ヴィラ・レアルが選出された。ヴィラ・レアルはトップに選ばれている。

来季のWTCC開幕まで4カ月。4月9日にマラケシュで開催されるWTCCモロッコラウンドで期待できることはなんだろうか。

写真はFIA授賞式でシトロエン・レーシングのイヴス・マットン代表、WTCC王者ホセ・マリア・ロペス、2位イヴァン・ミュラーと一緒のモンテイロ。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。