Back

News

雨のフリー走行1回目、ローブにトラブル

雨のフリー走行1回目、ローブにトラブル

02/05/2015 09:33

たとえ優れたドライバーでも、難しいコンディションで

たとえ優れたドライバーでも、難しいコンディションでは間違えることもある。それを証明したのがSバスティアン・ローブだ。

MOLグループWTCCハンガリーラウンドのフリー走行1回目で、ローブは難しいコンディションにおいてはベストのドライバーたちでも失敗することを示すことになった。

チームメートであるWTCC王者のホセ・マリア・ロペスを追う2位のローブは、ハンガロリンクの最初のコーナーでスリップし、タイヤウォールにクラッシュ。CエリーゼWTCCの左フロント部分に損傷を負った。

ローブは「グリップの調子が本当に良くなかった。それでタイヤにクラッシュしてしまったんだ」と説明した。「トラックにとどまりたかったけど、こうなってしまった。セッションを一つ逃してしまったね。良くないことだ」。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。

WTCCアルゼンチンラウンドのオープニングレースは、セバスティアン・ローブ・レーシングのトム・チルトンが初勝利を収めた。地元出身のホセ・マリア・ロペスは、18位スタートから5位フィニッシュしている。