Back

News

回復したリデルが2日間のテスト、WTCC復帰を目指す

回復したリデルが2日間のテスト、WTCC復帰を目指す

27/05/2015 00:33

リカルド・リデルが来週のロシアでのWTCC復帰に向かっている。甲状腺炎からはかなり回復しているとのことだ。

WTCCで5度の勝利を挙げているリデルは、5週間前に病気と診断され、モロッコ、ハンガリー、ドイツでのレースを欠場しなければならなかった。

だが今週、母国スウェーデンのマントープ・パークで2日間のテストを行った。また、ホンダ・レーシング・チーム・スウェーデンの技術パートナーであるオーリンズの新サスペンションをチェックしている。

チームは声明で、「2日間のテストは非常にポジティブなものだった。リデルは非常に素晴らしいリハビリと回復を続けている。ホンダ・レーシング・チーム・スウェーデンとリデルは、6月5日から7日まで開催される次のWTCCロシアラウンドでパドックに戻ることを楽しみにしている」と明かした。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。