Back

News

ラーダがWTCCで初めて表彰台に立ったとき…

ラーダがWTCCで初めて表彰台に立ったとき…

09/08/2015 23:34

6月初旬、ラーダ・スポーツ・ロスネフチの面々は笑顔だった。ロブ・ハフが2015年の新型ベスタTC1をドライブしてWTCCで初の表彰台に立ったのだ。

イギリス人のハフは6月7日、モスクワ・レースウェイで行われたROSNEFT WTCCロシアラウンドのレース2で、7位スタートながらホンダのチアゴ・モンテイロに続く2位に入った。

2012年のWTCC王者は、大胆な動きでノルベルト・ミケリスらを抜いた。レース1を4位フィニッシュしていたハフは、レースの最速ラップも記録。ラーダの好調ぶりを示した。新チームメートのニッキー・カツバーグも、レース2で4位に入る見事なWTCCデビューを飾っている。

ヤープ・ファン・ラーゲンはレース1で10位フィニッシュだったが、レース2ではフロントサスペンションがダメージを受けてストップしている。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。