Back

News

ダステが日本で輝いたあの日…

ダステが日本で輝いたあの日…

11/09/2015 20:00

ステファノ・ダステはキャリア最高の瞬間に、2012年に日本でのWTCCで勝利を挙げている。ALL-INKL.COMミュニック・モータースポーツ・シボレーをドライブするダステがその理由を説明した。

「素晴らしかったよ。鈴鹿だった。それまで僕がドライブしたことのなかった場所だ。エンジニアから、戦っている間は遅れても心配するなと言われた。鈴鹿はタフなトラックだけど、僕は速く走れると彼は確信していたんだ。実際、フリー走行で後れをとったけど、チームがすごく仕事をして、僕らは大きく向上したんだ。朝のウォームアップでは全体でもベストのタイムで、レース2では素晴らしいレースにするチャンスがあると思っていた。フロントローからのスタートだったからね。レースを通じてトップを保ち、3秒差でフィニッシュした。日本のファンと一緒に勝ったんだ。彼らは素晴らしい。礼儀正しくて、本当にベストのファンだよ。彼らが楽しんでいるのは分かる。でも、彼らは常に冷静で、でもすごく温かいんだよ。僕は本当に日本の人たちが好きだ。特に日本での勝利だったから、あれが僕のベストの一つだったと思う」。

シトロエン・レーシング代表のイヴス・マットンは、WTCC優勝4回のイヴァン・ミュラーが、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでも不運に見舞われ続けたことに同情している。

ノルベルト・ミケリスは、ホンダのチームメートであるチアゴ・モンテイロの健康こそが、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでの表彰台よりも大切だと述べた。

トム・チルトンがWTCCで2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスを称賛し、モータースポーツ界のレジェンドであるアイルトン・セナ氏と比較できると述べた。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、ノルベルト・ミケリスとのバトルの末にホセ・マリア・ロペスが制し、ドイツラウンドで2連勝を飾った。

ファイナルラップでチアゴ・モンテイロとイヴァン・ミュラーがクラッシュするドラマティックな終わりを迎えたWTCCドイツラウンドのオープニングレースは、ホセ・マリア・ロペスの勝利に終わった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのMAC3は、ホンダがシトロエンを下した。