Back

News

ROAL、WTCCで再び勝利

ROAL、WTCCで再び勝利

02/12/2015 12:00

ツーリングカーのレジェンドであるロベルト・ラヴァッリャ氏が共同オーナーを務めるイタリアのROALモータースポーツは、ヨコハマ・チーム選手権のタイトルを2年連続で獲得した。トム・チルトンとトム・コロネルがカタールラウンドでポイントを獲得し、カンポス・レーシングの追走を振り切っている。

シボレーRMLクルーズTC1の2台で、ROALはカンポスを抑えてタイトルを獲得し、3位にはゼングー・モータースポーツ。以下、セバスティアン・ローブ・レーシング、ALL-INKL.COMミュニック・モータースポーツ、クラフト・バンブー、ホンダ・レーシング・チーム・スウェーデン、プロチーム・レーシングと続いた。

一方、チルトンとコロネルはヨコハマ・ドライバーズ選手権でそれぞれ3位、6位にランクインしている。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。