Back

News

ロシアラウンド、興奮のポイント

ロシアラウンド、興奮のポイント

01/06/2015 11:08

今週末の5日から7日まで、ロスネフチWTCCロシアラウンドが開催される。次戦に向けた興奮のポイントは以下の5つだ。

1: 本拠地で戦うラーダ
ラーダ・スポーツ・ロスネフチはホームの全力のサポートを受け、3台のベスタTC1を走らせる。ドライバーは新たに加わったニック・カツバーグ、ロブ・ハフ、そしてヤープ・ファン・ラーゲンだ。

2: リデルが復帰
病気で3ラウンドを欠場したスウェーデンのWTCCレジェンドが選手権に戻ってくる。

3: わずか1ポイント差の勝負
シトロエンのセバスティアン・ローブとイヴァン・ミュラーは、ドライバーズ選手権でわずか1ポイント差。ロスネフチWTCCロシアラウンドで2位の座を争う。

4: ホンダが好調
ハンガリーで勝利した新たなホンダ・シビックWTCCは、ドイツでもチアゴ・モンテイロのレース2での奮闘で再び表彰台を手にしている。

5: プライベートチームのバトルも激化
ヨコハマ・ドライバーズ選手権の争いもロシアラウンドを前に激化。メフディ・ベナーニ、トム・チルトン、トム・コロネル、ステファノ・ダステ、ノルベルト・ミケリス、ウーゴ・バレンテがトップの座を争っている。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。