Back

News

ロシアラウンド、興奮のポイント

ロシアラウンド、興奮のポイント

01/06/2015 11:08

今週末の5日から7日まで、ロスネフチWTCCロシアラウンドが開催される。次戦に向けた興奮のポイントは以下の5つだ。

1: 本拠地で戦うラーダ
ラーダ・スポーツ・ロスネフチはホームの全力のサポートを受け、3台のベスタTC1を走らせる。ドライバーは新たに加わったニック・カツバーグ、ロブ・ハフ、そしてヤープ・ファン・ラーゲンだ。

2: リデルが復帰
病気で3ラウンドを欠場したスウェーデンのWTCCレジェンドが選手権に戻ってくる。

3: わずか1ポイント差の勝負
シトロエンのセバスティアン・ローブとイヴァン・ミュラーは、ドライバーズ選手権でわずか1ポイント差。ロスネフチWTCCロシアラウンドで2位の座を争う。

4: ホンダが好調
ハンガリーで勝利した新たなホンダ・シビックWTCCは、ドイツでもチアゴ・モンテイロのレース2での奮闘で再び表彰台を手にしている。

5: プライベートチームのバトルも激化
ヨコハマ・ドライバーズ選手権の争いもロシアラウンドを前に激化。メフディ・ベナーニ、トム・チルトン、トム・コロネル、ステファノ・ダステ、ノルベルト・ミケリス、ウーゴ・バレンテがトップの座を争っている。

ホンダが26日、異なる2つの国で勝利を手にした。トラックでは、ポルトガルラウンドで地元出身のチアゴ・モンテイロが優勝。トラックの外では、イングランド南部で開催された「Goodwood Festival of Speed」で行われた初のWTCC ART CARSで勝利を収めている。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのメインレースは、地元出身のチアゴ・モンテイロはが制した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニングレースは、トム・コロネルがトム・チルトンを抑えて今季2度目の勝利を収めた。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのMAC3は、シトロエンが接戦を制した。

...

25/06/2016 16:42 - 2016

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニング・レースは、トム・コロネルがポールポジションスタートとなった。

チアゴ・モンテイロが地元ヴィラ・レアルで6年ぶりにポールポジションを獲得した。