Back

News

リデルのWTCC復帰は保留に

リデルのWTCC復帰は保留に

30/04/2015 10:13

今週末のハンガリーラウンドでWTCCに復帰するというホンダ・レーシング・チーム・スウェーデンの計画は、延期となった。

二クラス・カールションが率いるチームは、リカルド・リデルがホンダ・シビックWTCCをドライブすることを願っていた。だが、リデルがまだ病気から回復中であることから、チームはMOLグループWTCCハンガリーラウンドを戦わないことになる。

チームは声明で「先週、甲状腺炎と診断されたリデルは、まだホンダ・シビックTC1のホイールを握ってレースをするほどに回復していない。先日から彼の病状は良くなっているが、リデルの医者は5度のWTCC王者にハンガリー遠征をやめ、スウェーデンに戻って回復するように助言した」と発表した。

声明で、チームはリデルの代役を探さなかったことも明かしている。

「週末に向けての選択肢を評価したうえで、ホンダ・レーシング・チーム・スウェーデンは、代役のドライバーを立てないことを決定した。そのため、ブダペストでのレースを欠場する。リデルが病気になったため、チームはモロッコラウンドも欠場している」。

「ホンダ・レーシング・チーム・スウェーデンは、ドイツのニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで予定されているシーズンの第4ラウンドでグリッドに戻れることを願っている」。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。