Back

News

リデルのWTCC復帰は保留に

リデルのWTCC復帰は保留に

30/04/2015 10:13

今週末のハンガリーラウンドでWTCCに復帰するというホンダ・レーシング・チーム・スウェーデンの計画は、延期となった。

二クラス・カールションが率いるチームは、リカルド・リデルがホンダ・シビックWTCCをドライブすることを願っていた。だが、リデルがまだ病気から回復中であることから、チームはMOLグループWTCCハンガリーラウンドを戦わないことになる。

チームは声明で「先週、甲状腺炎と診断されたリデルは、まだホンダ・シビックTC1のホイールを握ってレースをするほどに回復していない。先日から彼の病状は良くなっているが、リデルの医者は5度のWTCC王者にハンガリー遠征をやめ、スウェーデンに戻って回復するように助言した」と発表した。

声明で、チームはリデルの代役を探さなかったことも明かしている。

「週末に向けての選択肢を評価したうえで、ホンダ・レーシング・チーム・スウェーデンは、代役のドライバーを立てないことを決定した。そのため、ブダペストでのレースを欠場する。リデルが病気になったため、チームはモロッコラウンドも欠場している」。

「ホンダ・レーシング・チーム・スウェーデンは、ドイツのニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで予定されているシーズンの第4ラウンドでグリッドに戻れることを願っている」。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。