Back

News

S60ポールスターでWTCCに挑戦も、ボルボ240ターボの財産が生き続ける理由

S60ポールスターでWTCCに挑戦も、ボルボ240ターボの財産が生き続ける理由

15/10/2015 12:00

来年から新型ボルボS60ポールスターTC1でWTCCに参戦するボルボだが、240ターボの財産は生き続ける。

ボルボがETCCタイトルを獲得して30年となる10月13日、スウェーデンのマントープ・パークで、ボルボS60ポールスターTC1がローンチされた。新型Drive-Eボルボエンジンと同じ最先端技術を用い、新たにつくられた4気筒、400bhpターボエンジンが特徴だ。

全盛期のボルボ240ターボは、小型化した4気筒エンジンを用いてツーリングカーレースの大きな武器となり、6気筒、8気筒、12気筒エンジンのBMWやローバー、ジャガーといった強力なライバルたちに対抗した。

ETCCでタイトルを獲得したほか、ボルボ240ターボはオーストラリア、フィンランド、ドイツ、ポルトガル、ニュージーランド、そしてスウェーデンでのレースでも勝利を飾っている。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。