Back

News

特別であり、普通ではない…WTCCの主役たちが語るマラケシュのサーキット

特別であり、普通ではない…WTCCの主役たちが語るマラケシュのサーキット

17/04/2015 08:03

ムーレイ・エル・ハッサン・サーキットでのWTCCモロッコラウンドは、今週で6度目となる。全長4545キロのトラックでこれまでWTCCをけん引してきた主役たちの言葉を紹介しよう。

カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カー・チームのチアゴ・モンテイロは、「マラケシュは非常に特別な場所なんだ」と語る。「非常に難しいサーキットで、ストレートがとても長く、本当のコーナーは2つだけ。ハイスピードのカーブがたくさんある。ブレーキングがとても大変だ。だから、少しだけ慎重になり、セッションを通じてトラックの感触に自信を深めることが、週末を迎える最善の形、賢い戦略となる」。

ラーダ・スポーツ・ロスネフチのジェームス・トンプソンは、「ブレーキングとトラクションがすべてだ」と述べている。

2014年にモロッコでのデビューを勝利で飾ったセバスティアン・ローブは、「マラケシュは普通ではないトラックだけど、シトロエンCエリーゼは良いパフォーマンスを見せる場所だ。最速スピードの速さと、ブレーキングでうまくやれるかどうかが必要になる。そして、僕らにはそれがあるんだ」と語った。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。