Back

News

かつてヴァレンティーノ・ロッシの後任を務めたステファノ・ダステ

かつてヴァレンティーノ・ロッシの後任を務めたステファノ・ダステ

29/03/2015 19:08

モーターバイクの世界からWTCCに転向して勝者となったステファノ・ダステが、ヴァレンティーノ・ロッシの後を継いだときのことを振り返った。

ダステとロッシは1994年、125ccで一緒にレースをしていた。その後、1995年にロッシが250ccにステップアップし、カジヴァはロッシの代わりにダステと契約した。

ロッシが500ccで成功し、モトGPでタイトルを獲得していった一方で、ダステは四輪に転向。まずはラリーで、そしてカーレースへの転向で成功した。

ダステは「1994年のカジヴァでヴァレンティーノがファクトリーライダーだったとき、自分はセミライダーだった」と振り返った。「オフィシャルのパーツはあったけど、バイクは前年にヴァレンティーノが使っていたものだったんだ。それからヴァレンティーノが125ccを離れ、僕はカジヴァと契約し、ヴァレンティーノの代わりとなった。彼のバイクを使い、それからバイクを進化させたんだ。前の年にヴァレンティーノが優勝していたから、彼らは僕にナンバーワンのマシンをくれたんだよ」。

ダステは二輪時代に素晴らしい思い出があると振り返っている。バイクの世界の雰囲気をWTCCと比較した。今季、ダステはALL-INK.comミュニック・モータースポーツ・シボレーでWTCCに参戦している。

ダステはロッシについて、「パドックで何度も一緒になって、冗談を言ったり、バカなことをしたものさ」と述べた。「水鉄砲で遊んだり、すごく楽しんだ。WTCCもそうなんだ。ヴァレンティーノはうまくやると分かっていたし、彼が本当に再び強さを見せてくれたら素晴らしいね」。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。