Back

News

かつてヴァレンティーノ・ロッシの後任を務めたステファノ・ダステ

かつてヴァレンティーノ・ロッシの後任を務めたステファノ・ダステ

29/03/2015 19:08

モーターバイクの世界からWTCCに転向して勝者となったステファノ・ダステが、ヴァレンティーノ・ロッシの後を継いだときのことを振り返った。

ダステとロッシは1994年、125ccで一緒にレースをしていた。その後、1995年にロッシが250ccにステップアップし、カジヴァはロッシの代わりにダステと契約した。

ロッシが500ccで成功し、モトGPでタイトルを獲得していった一方で、ダステは四輪に転向。まずはラリーで、そしてカーレースへの転向で成功した。

ダステは「1994年のカジヴァでヴァレンティーノがファクトリーライダーだったとき、自分はセミライダーだった」と振り返った。「オフィシャルのパーツはあったけど、バイクは前年にヴァレンティーノが使っていたものだったんだ。それからヴァレンティーノが125ccを離れ、僕はカジヴァと契約し、ヴァレンティーノの代わりとなった。彼のバイクを使い、それからバイクを進化させたんだ。前の年にヴァレンティーノが優勝していたから、彼らは僕にナンバーワンのマシンをくれたんだよ」。

ダステは二輪時代に素晴らしい思い出があると振り返っている。バイクの世界の雰囲気をWTCCと比較した。今季、ダステはALL-INK.comミュニック・モータースポーツ・シボレーでWTCCに参戦している。

ダステはロッシについて、「パドックで何度も一緒になって、冗談を言ったり、バカなことをしたものさ」と述べた。「水鉄砲で遊んだり、すごく楽しんだ。WTCCもそうなんだ。ヴァレンティーノはうまくやると分かっていたし、彼が本当に再び強さを見せてくれたら素晴らしいね」。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのテスト走行は、シトロエンのチームメートであるホセ・マリア・ロペスを抑えてイヴァン・ミュラーが最速だった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。