Back

News

ロシアラウンド、フリー走行1回目もタルキーニが再び最速

ロシアラウンド、フリー走行1回目もタルキーニが再び最速

06/06/2015 08:25

テストセッションで最速だったホンダ・シビックWTC

テストセッションで最速だったホンダ・シビックWTCCのタルキーニが、モスクワ・レースウェイでのフリー走行1回目でも最速タイムを出した。

シトロエンのイヴァン・ミュラーとセバスティアン・ローブは3位と4位。ホンダのチアゴ・モンテイロが5位だった。

2009年WTCC王者のタルキーニは、「マシンはトラックと合っているようだ。特に僕のマシンは昨日からすごく良い感じだよ」と語った。「僕が好調なのか、マシンが良いのか分からないけど、マシンの特徴がうまくトラックの特徴と合っているんだよ。このトラックはトップスピードがそう重要ではない。僕らは楽観しているよ。でも、残念ながらこれは予選じゃない。みんなが予選モードになってから、僕らは向上しなければいけないと分かっている」。

ラーダ勢で最速だったロブ・ハフは6位。ヨコハマ・ドライバーズ選手権で最速だったシボレー・クルーズのウーゴ・バレンテが7位だ。

フリー走行1回目では、病気で離脱していたリカルド・リデルがようやくWTCCへの復帰を遂げた。ホンダ・レーシング・チーム・スウェーデンが税関通過に手間取り、リデルはテストセッションをこなせなかったが、久しぶりの復帰だったにもかかわらず、13位につけている。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、ノルベルト・ミケリスとのバトルの末にホセ・マリア・ロペスが制し、ドイツラウンドで2連勝を飾った。

ファイナルラップでチアゴ・モンテイロとイヴァン・ミュラーがクラッシュするドラマティックな終わりを迎えたWTCCドイツラウンドのオープニングレースは、ホセ・マリア・ロペスの勝利に終わった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのMAC3は、ホンダがシトロエンを下した。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、見事なタイムを出したホセ・マリア・ロペスがポールポジションからスタートすることになった。

...

27/05/2016 08:00 - 2016

ホンダ・レーシング・チーム・JASとゼングー・モータースポーツの計4台が、WTCCハンガリーラウンドとモロッコラウンドの結果から除外されることになった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。