Back

News

ロシアラウンド、フリー走行1回目もタルキーニが再び最速

ロシアラウンド、フリー走行1回目もタルキーニが再び最速

06/06/2015 08:25

テストセッションで最速だったホンダ・シビックWTC

テストセッションで最速だったホンダ・シビックWTCCのタルキーニが、モスクワ・レースウェイでのフリー走行1回目でも最速タイムを出した。

シトロエンのイヴァン・ミュラーとセバスティアン・ローブは3位と4位。ホンダのチアゴ・モンテイロが5位だった。

2009年WTCC王者のタルキーニは、「マシンはトラックと合っているようだ。特に僕のマシンは昨日からすごく良い感じだよ」と語った。「僕が好調なのか、マシンが良いのか分からないけど、マシンの特徴がうまくトラックの特徴と合っているんだよ。このトラックはトップスピードがそう重要ではない。僕らは楽観しているよ。でも、残念ながらこれは予選じゃない。みんなが予選モードになってから、僕らは向上しなければいけないと分かっている」。

ラーダ勢で最速だったロブ・ハフは6位。ヨコハマ・ドライバーズ選手権で最速だったシボレー・クルーズのウーゴ・バレンテが7位だ。

フリー走行1回目では、病気で離脱していたリカルド・リデルがようやくWTCCへの復帰を遂げた。ホンダ・レーシング・チーム・スウェーデンが税関通過に手間取り、リデルはテストセッションをこなせなかったが、久しぶりの復帰だったにもかかわらず、13位につけている。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。