Back

News

今回のモロッコではうまくやりたいタルキーニ

今回のモロッコではうまくやりたいタルキーニ

15/04/2015 23:00

ガブリエル・タルキーニは2014年にできなかったことをやろうとしている。すなわち、モロッコのサーキットでスターティンググリッドに入るということだ。

カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリングカー・チームでチアゴ・モンテイロと戦うタルキーニは、昨季のマラケシュでの2レースでスタートすることができなかった。予選で激しくクラッシュし、ホンダ・シビックが大きなダメージを受けたからだ。

タルキーニは「マラケシュは非常に難しいサーキットなんだ」と語った。「ウォールと非常に近くて、逃げ道がなく、難しい。だから、一つの小さなミスが大きな代償となるんだ。残念ながら、昨年は良い思い出がない。だから、今年はもっとうまくやり、そういう事態を避けたいね」。

少なくとも、タルキーニはムーレイ・エル・ハッサン・サーキットで良いパフォーマンスを残した経験がある。かつて勝利を収めたことも、表彰台に立ったこともあるのだ。モロッコラウンドは17日から19日まで開催される。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。

来月、WTCCにデビューするエステバン・ゲリエリ。2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスに続くドライバーにまつわる注目の10ポイントを紹介する。

エステバン・ゲリエリが来月のWTCCアルゼンチンラウンドで、王者ホセ・マリア・ロペスとともに地元のトラックを走ることとなった。

ドライビングで語るホセ・マリア・ロペスだが、今月のブエノスアイレス200キロではステアリングをマイクに持ち替えることになった。

来月のアルゼンチンラウンドを前に、ロブ・ハフはテルマス・デ・リオ・オンドのサーキットを「美しいトラック」と評している。