Back

News

タルキーニ「スロバキアラウンドを楽しんだ」

タルキーニ「スロバキアラウンドを楽しんだ」

22/06/2015 15:09

WTCCスロバキアラウンドのレース2で、首位から4位に転落してフィニッシュしたものの、ガブリエル・タルキーニは楽しんだと話している。

タルキーニは最初のコーナーでポールポジションからスタートしたラーダのヤープ・ファン・ラーゲンを抜いてトップに立った。だが、レースの序盤にセバスティアン・ローブ、ホセ・マリア・ロペス、イヴァン・ミュラーのシトロエントリオに抜かれ、4位に転落している。

カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーのチームメートであるチアゴ・モンテイロ同様に、タルキーニにとっては最高の週末とならなかった。彼のシビックWTCCはパフォーマンスの精彩を欠いたからだ。それでも、タルキーニは2つのレースでそれぞれポイントを獲得し、その結果、ドライバーズ選手権で5位につけている。

2009年のWTCC王者であるタルキーニは、「2位スタートで4位フィニッシュというのは満足できないね」と語った。「僕は表彰台を目指して戦っていたんだ。でも、前列にとどまるのはとても難しかった。ローブと少し争ったけど、長くトップを保つことができなかったね。それからイヴァンを追っているときに、フロントのダウンフォースがかなり良くなくて、クリアな空気が必要だったんだ。でも、マシンはとてもバランスが取れていたし、レースを楽しんだよ。できるだけの攻めはしたし、マシンも答えてくれていたからね」。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。