Back

News

タルキーニ:「予選では狙いすぎた」

タルキーニ:「予選では狙いすぎた」

13/09/2015 06:52

ガブリエル・タルキーニは、JVC KENWOOD WTCC日本ラウンドでポールポジションを争うことができなかった自分を責めた。

カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームのタルキーニは11日のテスト走行と12日のフリー走行2回で最速タイムを出した。だが、予選では0.147秒差でQ3を逃している。

結果、タルキーニはポールポジションを争う戦いに参加できず、レース1では6番手、レース2では5番手スタートとなった。

2009年王者のタルキーニは、「ベストを尽くし、Q2で仕掛けたけど、T1でミスをしてしまい、かなりのオーバーステアになってしまった」と語った。「失ったタイムを取り戻そうとしたけど、そういうときはよくあるように、ハードに狙いすぎてさらなるミスを犯してしまう。そして僕はそれをしてしまい、Q3に出られないという代償を払ったんだ。マシンはすごく良かった。でも、セットアップで少しミスをしたのかもしれない。Q1とQ2の間に変えたけど、ベストじゃなかったのかもね。でも、僕がミスをしたんだよ。6位スタートは最悪だ。でも、何ができるか見てみよう」。

来季のWTCC開幕まで4カ月。4月9日にマラケシュで開催されるWTCCモロッコラウンドで期待できることはなんだろうか。

写真はFIA授賞式でシトロエン・レーシングのイヴス・マットン代表、WTCC王者ホセ・マリア・ロペス、2位イヴァン・ミュラーと一緒のモンテイロ。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。

ポールスター・シアン・レーシングは、最高の形で2016年のWTCCを終えた。テッド・ビョルクがボルボS60ポーツスターTC1で2レース連続表彰台を勝ち取り、ドライバーズ選手権で10位フィニッシュしたのだ。