Back

News

タルキーニ:「予選では狙いすぎた」

タルキーニ:「予選では狙いすぎた」

13/09/2015 06:52

ガブリエル・タルキーニは、JVC KENWOOD WTCC日本ラウンドでポールポジションを争うことができなかった自分を責めた。

カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームのタルキーニは11日のテスト走行と12日のフリー走行2回で最速タイムを出した。だが、予選では0.147秒差でQ3を逃している。

結果、タルキーニはポールポジションを争う戦いに参加できず、レース1では6番手、レース2では5番手スタートとなった。

2009年王者のタルキーニは、「ベストを尽くし、Q2で仕掛けたけど、T1でミスをしてしまい、かなりのオーバーステアになってしまった」と語った。「失ったタイムを取り戻そうとしたけど、そういうときはよくあるように、ハードに狙いすぎてさらなるミスを犯してしまう。そして僕はそれをしてしまい、Q3に出られないという代償を払ったんだ。マシンはすごく良かった。でも、セットアップで少しミスをしたのかもしれない。Q1とQ2の間に変えたけど、ベストじゃなかったのかもね。でも、僕がミスをしたんだよ。6位スタートは最悪だ。でも、何ができるか見てみよう」。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。