Back

News

タルキーニ:「WTCCでの勝利が日本での最高の思い出」

タルキーニ:「WTCCでの勝利が日本での最高の思い出」

10/09/2015 08:00

ガブリエル・タルキーニは、WTCCでホンダのホームである日本で勝利したことは、日本での4度のF1グランプリ以上に満足だったと述べている。

2009年のWTCC王者であるタルキーニは、昨季の鈴鹿でカストロール・ホンダ・ワールド・ツーリングカーで勝利を収めた。タルキーニとっては忘れられない一日だ。

ツインリンクもてぎでのJVC KENWOOD WTCCを前に、タルキーニは「日本での僕の最高の思い出はWTCCだ」と述べた。「F1ではグリッドを争っていたから、あまり素晴らしい思い出がない。でも、僕の日本での最高の想いでは、昨年日本のファンの前で勝ったときだ。ホンダで勝つことができたことで、さらに特別となったね」。

ホンダはポルトガルラウンドでチアゴ・モンテイロが勝利を収めた。ノルベルト・ミケリスは、60キロのウェイトにもかかわらず、勝利を手にしたことを喜んでいる。

テッド・ビョルクはヴィラ・レアルのストリートサーキットで「ファイティングパフォーマンス」を披露し、14ポイントを獲得した。

2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスは、6月26日のポルトガルラウンドの予選で何度かミスを犯し、彼もまた人間であることを示した形となった。だが、アルゼンチン人ドライバーは2度のレースでそれぞれ5位となり、選手権でトップを維持している。

ホンダが26日、異なる2つの国で勝利を手にした。トラックでは、ポルトガルラウンドで地元出身のチアゴ・モンテイロが優勝。トラックの外では、イングランド南部で開催された「Goodwood Festival of Speed」で行われた初のWTCC ART CARSで勝利を収めている。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのメインレースは、地元出身のチアゴ・モンテイロはが制した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニングレースは、トム・コロネルがトム・チルトンを抑えて今季2度目の勝利を収めた。