Back

News

タルキーニ、ポルトガルでのレース2で「ラッキーだった」

タルキーニ、ポルトガルでのレース2で「ラッキーだった」

16/07/2015 16:00

OSCARO.com WTCCポルトガルラウンドのレース2、ホンダのチームメートであるチアゴ・モンテイロのように、ガブリエル・タルキーニの戦いはすぐに終わっていた可能性もあった。

モンテイロの挑戦は一瞬で終わってしまったが、イタリア人のタルキーニはカオスを乗り越え、今季のWTCCで2度目となる表彰台の座を手に入れている。

2009年の王者であるタルキーニは、「レース2のスタートはラッキーだったんだ。チアゴが前で大きなクラッシュをしたんだよ」と語った。「彼は2台のラーダの間にいた。僕はとても幸運だったんだ。チアゴを追っていたけど、チアゴのアクシデントで大きな穴ができ、左フロントが軽く触れたくらいで、大きな損傷を受けることなく、そこをすり抜けることができたんだよ」。

この混乱には、ステファノ・ダステとトム・コロネルも巻き込まれ、シボレー・クルーズがダメージを受けたダステは、オープニングラップの最後にリタイヤ。衝突直後にドアがわずかに開いたコロネルは、だがフィニッシュすることができている。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。