Back

News

タルキーニ、予選でセンサーの問題があったと明かす

タルキーニ、予選でセンサーの問題があったと明かす

16/05/2015 01:38

ガブリエル・タルキーニが、ニュルブルクリンクでのWTCCドイツラウンド予選で、センサーの故障によりトップを争えなかったと明かした。

カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームのエースは、16日のレース1で7位スタートとなる。だが、イタリア人ドライバーは満足していないようだ。

タルキーニは「予選には本当に満足していない。今朝よりもラップタイムは悪かったからね。でも、センサーの小さな問題があって、それにより予選で高い代償を払うことになったんだ」と語った。「タイヤの最初の2セット後にこの問題を見つけたんだ。直すためにピットに入り、タイムを伸ばす最後のチャンスがあったけど、それからマ(・チンホワ)が僕の前にクラッシュしたから、僕はラップを終えなければいけなくなり、チャンスがなくなったんだ」。

2日にウィーンで開催されたFIA表彰式で、WTCCのトップドライバー3名が表彰された。シトロエンはマニュファクチャラーズ選手権優勝を表彰されている。

WTCCで3連覇を成し遂げたホセ・マリア・ロペスは、ウィーンでのFIAの授賞式を心待ちにしている。

先週のWTCC DHLカタールラウンドでメインレースを制したメフディ・ベナーニは、全力で臨んだことが勝利につながったと信じている。

WTCCのプロモーターであるユーロスポーツ・イベンツのフランソワ・リベイロ代表は、来季のタイトル争いはオープンになると述べた。

WTCCに戻ってきた今季の最終戦となった先週のカタールラウンドで、ジェームス・トンプソンはWTCCトロフィーの表彰台を手にした。

WTCC DHLカタールラウンドで表彰台に立ったテッド・ビョルクだが、ポールスター・シアン・レーシングにとって最悪なタイミングだったのかもしれない。