Back

News

中国ラウンド、上海でのテストはホンダ勢がトップに

中国ラウンド、上海でのテストはホンダ勢がトップに

25/09/2015 10:30

ROSNEFT WTCC中国ラウンドのテスト走行は、ホンダのガブリエル・タルキーニがトップに立ち、やはりホンダ・シビックを駆使するノルベルト・ミケリスが2位となった。シトロエン勢では、王者ホセ・マリア・ロペスが最速で3位に入っている。

タルキーニはホンダ・シビックで1分51秒222という最速タイムを出した。ミケリスは1分51秒271と僅差。ロペスは1分51秒333だった。上位12名が1秒以内にひしめく接戦となっている。

4位以降は、イヴァン・ミュラー、ニッキー・カツバーグ、メフディ・ベナーニ、トム・チルトン、ロブ・ハフ、地元のマ・チンホワ、セバスティアン・ローブと続いた。

中国ラウンドは26日にフリー走行や予選が行われる。テストラウンドの順位表はこちらをクリック。

来季のWTCC開幕まで4カ月。4月9日にマラケシュで開催されるWTCCモロッコラウンドで期待できることはなんだろうか。

写真はFIA授賞式でシトロエン・レーシングのイヴス・マットン代表、WTCC王者ホセ・マリア・ロペス、2位イヴァン・ミュラーと一緒のモンテイロ。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。

ポールスター・シアン・レーシングは、最高の形で2016年のWTCCを終えた。テッド・ビョルクがボルボS60ポーツスターTC1で2レース連続表彰台を勝ち取り、ドライバーズ選手権で10位フィニッシュしたのだ。