Back

News

終盤で抜かれたモンテイロの心境

終盤で抜かれたモンテイロの心境

16/05/2015 23:56

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのWTCCドイツラウンド・レース2で、スリリングなクライマックスで2位の座を失ったチアゴ・モンテイロが語った。

モンテイロは2015年初勝利を目指してイヴァン・ミュラーにプレッシャーをかけていたが、最終ラップで王者ホセ・マリア・ロペスに2キロのドッティンガー・ホーヘストレートで抜かれ、3位に終わった。

レース後、リバースグリッドでレース2はポールポジションスタートだったモンテイロは、カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームの今季初表彰台だったとはいえ、ロペスをしのげると思ったと明かしている。

元F1レーサーのモンテイロは、「プッシュして、もっとうまくやれると確信していた。そのことは本当に満足している」と語った。「確かに(ラップ1の)ロングストレートでイヴァンに抜かれ、トップスピードの差が思っていた以上なのは分かっていた。それからはプッシュし続けたよ。彼が少しナーバスになっていたのが分かったし、1度か2度はミスするかもしれなかったからね。ここノルトシュライフェではいろいろなことが起こり得る。だから、最後までプレッシャーをかけなければいけなかった」。

「本当にハードにプッシュしたんだ。イヴァンだけに集中していた。僕とチームメート(ガブリエル・タルキーニ)の背後に何台かシトロエンが見えて、彼らが迫っていたけど、僕は2位だけに集中していたんだ。ロペスがストレートでチームメートを抜いたときも、少し離れているから大丈夫だと思った。でも、彼が見事だったんだ。僕らをとらえ、僕も抜いた。でも、ノルトシュライフェは素晴らしいよ。本当に楽しんだ。良いところを見せられたことを願っている」。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。