Back

News

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェ、WTCCドライバーは何を思ったか

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェ、WTCCドライバーは何を思ったか

17/05/2015 11:12

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでの初のWTCCは、スペクタクルな2レース、熱いドラマと素晴らしい成功に終わった。25キロの厳しいトラックでのレースを終え、WTCCのドライバーたちは何を思ったのだろうか。

ロブ・ハフ(ラーダ・スポーツ・ロスネフチ)
「ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェは世界で最も厳しいサーキットだ。圧倒的に長いトラックでもある。ほかのより従来型の普通のサーキットよりも、マシンにより耐久性が必要となる」

セバスティアン・ローブ(シトロエン・トータルWTCC)
「ほかのレースと比べて、マシンでの感覚が素晴らしかったことは確かだね。まるで飛んでいるみたいなときもあったよ! でこぼこで、飛び跳ねて…とても良いね」

ホセ・マリア・ロペス(シトロエン・トータルWTCC)
「誰もがここで勝つことを望む。僕らみんな、勝ちたいと思うレースはここだった」

ノルベルト・ミケリス(ゼングー・モータースポーツ)
「このサーキットをドライブして、そのすべての瞬間を楽しんだ。フリー走行の前から本当に特別だったよ。このサーキットでは本当にすごいアドレナリンが出る。来季も戻ってきたいね」

チアゴ・モンテイロ(カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチーム)
「ノルトシュライフェは素晴らしい。本当に楽しんだ。良いショーにできたことを願っている」

イヴァン・ミュラー(シトロエン・トータルWTCC)
「今季の非常に重要な瞬間だったことは確かだ。神話的なサーキットであり、ここに来るとWTCCが発表したときから、すごく関心があったよね」

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのMAC3は、シトロエンが接戦を制した。

...

25/06/2016 16:42 - 2016

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニング・レースは、トム・コロネルがポールポジションスタートとなった。

チアゴ・モンテイロが地元ヴィラ・レアルで6年ぶりにポールポジションを獲得した。

ヴィラ・レアルで行われたWTCCポルトガルラウンドのフリー走行2回目は、ホセ・マリア・ロペスが制してホンダの独壇場に終止符を打った。

WTCCポルトガルラウンド最初のフリー走行は、ホンダのファクトリードライバーたちがトップ3を独占した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのテスト走行は、ホンダのエース、ノルベルト・ミケリスが最速タイムを出した。