Back

News

ラーダのチーム代表に栄えある賞

ラーダのチーム代表に栄えある賞

14/04/2015 21:01

昨季のWTCCで初勝利を挙げたラーダ。鍵を握る人物の一人が、11日にモスクワで表彰された。

その人物とは、ラーダ・スポーツ・ロスネフチのチーム代表であるビクター・シャポバロフ氏だ。首都モスクワで開かれたセレモニーで、ロシアのスポーツメディアによる栄えある「モータースポーツ年間最優秀賞」を受賞したのである。

シャポバロフ氏は2008年、当時はベアーズ・レーシングという名でラーダ110をWTCCに参戦させた。ラーダは2009年にマニュファクチャラーチームとして参戦。そして昨年、ロブ・ハフが北京とマカオで勝利を挙げた。

3シーズンにわたって経験を積み、エンジンの知識を増していったラーダは、昨年8月のアルゼンチンラウンドで初めて表彰台を獲得。そしてシーズン終盤、ハフが2つの勝利を手にしている。

ロシアの石油会社ロスネフチからのサポートを受けるラーダは、3台のベスタTC1でWTCCに臨んでいる。チームは2015年シーズンでさらなる成功を収めたいと願っているところだ。WTCCの次戦は17日から19日までモロッコで開催される。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。