Back

News

ポルトガルでのヨコハマ・ドライバーズ選手権でリードするバレンテ

ポルトガルでのヨコハマ・ドライバーズ選手権でリードするバレンテ

12/07/2015 11:00

11日のヴィラ・レアルでの予選で3位と好位置につけたウーゴ・バレンテは、OSCARO.com WTCCポルトガルラウンドのレース1を前に、ヨコハマ・ドライバーズ選手権の中でトップに立った。

バレンテは全体3位となり、2列目からスタートする。同列に並ぶのは、やはりヨコハマ・ドライバーズ選手権でタイトルを争うノルベルト・ミケリスだ。

シボレーRMLクルーズTC1をドライブするバレンテは、「とてもうれしいし、カンポス・レーシング・チームのみんなをたたえたい。僕らは本当に難しい日を乗り越えてやってきたからね」と語った。「僕らはQ1で12位だったけど、Q3で3位だった。『素晴らしい』の一言さ。正直、僕も驚いているんだよ。僕らは本当にハードワークした。僕自身も自信をもってやっていこうとトライしたよ。簡単なことじゃなかった。今朝はマシンがかなり動いていたけど、ラップごとに自信を深めていったんだ。Q2とQ3で良いラップにできて、とてもうれしかった。だから、シボレー勢のトップになれてすごくうれしい」。

「ノルベルトが並んでスタートなのは分かっている。セバスティアン・ローブが言っていたけど、トリッキーなスタートになるだろうね。ホンダ勢のスタートも非常に良いと知っている。最初のコーナーでどうなるか、様子を見よう」。

ヨコハマ・ドライバーズ選手権でトップに立つミケリスは、「結果には満足と言えると思う。Q3に進み、4位スタートになったのは、期待どおりだ。だから、明日はクリーンなレースをして、表彰台に立ちたい」と述べている。

ヨコハマ・ドライバーズ選手権で争うのは、そのほかにメフディ・ベナーニ、ステファノ・ダステ、トム・コロネル、トム・チルトン、ジョン・フィリッピ、グレゴワール・ドゥムースティエ。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのテスト走行は、シトロエンのチームメートであるホセ・マリア・ロペスを抑えてイヴァン・ミュラーが最速だった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。