Back

News

バレンテ、日本ラウンドはジュール・ビアンキのために

バレンテ、日本ラウンドはジュール・ビアンキのために

03/09/2015 12:00

WTCCの新星ウーゴ・バレンテは、来週JVC KENWOOD WTCC日本ラウンドに臨む際、友人だったジュール・ビアンキを追悼する。

23歳のバレンテは、9月11日から13日までツインリンクもてぎで開催される日本ラウンドでWTCCでの戦いを再開する。日本では、昨年10月に鈴鹿でのF1グランプリでビアンキがクラッシュし、その後亡くなった。

カンポス・レーシング・シボレー・クルーズをドライブするバレンテは、「僕の心の中で、日本は特別な場所だ。あの国を愛している。だけど、ジュールがクラッシュした場所でもある」と語った。「昨年、ジュールがクラッシュしたわずか2週間後、鈴鹿で僕はレース2の残り2周まで2位だった。でも、最後の最後で表彰台を逃したんだ。まだあの日のことは悔しい。彼のためにも、自分のためにも、結果を残したかったんだよ。今回はもてぎで新たなチャンスだ。かつてないほどハードに戦う」。

今年のWTCCで表彰台にも立ち、コンスタントにQ3にも進んでいるフランス人のバレンテは、16戦を終えてヨコハマドライバーズ選手権のタイトルを争っており、ドライバーズ選手権全体の9位で日本ラウンドに向かう。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。