Back

News

モンテイロ、レース前にトラックを歩くべきと助言

モンテイロ、レース前にトラックを歩くべきと助言

06/08/2015 12:00

チアゴ・モンテイロがWTCCの仲間たちに、レース前にトラックを歩くことをアドバイスしている。

今季のWTCCは残り4ラウンド。そのうちの3ラウンドは、多くのドライバーにとって新たな場所だ。モンテイロは、新しいサーキットを学ぶには、トラックを歩くことだと勧めている。

ホンダのスターであるモンテイロも、9月11日から13日まで開催されるJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドの舞台であるツインリンクもてぎでの経験が豊富なわけではない。だが、ポルトガル人ドライバーは、ホンダ・シビックを走らせる前にトラックを把握するつもりだ。

モンテイロは「トラックを歩くことは大きな助けになるんだ」と述べた。「グリップレベルやバンプなど、あらゆる細部を見るのは非常に重要なことなんだよ。良いシミュレーターがあれば、そこからも少し学ぶことができる。映像も助けになるね」。

上海国際サーキットは別にして、タイのブリラムやカタールのロサイルはWTCCの多くのドライバーが未経験のサーキットだ。トラックを歩くことが重要となるだろう。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。