Back

News

ハフはなぜ、WTCCの究極のストリートファイターなのか

ハフはなぜ、WTCCの究極のストリートファイターなのか

31/03/2015 20:52

ロブ・ハフはWTCCでただ先頭を走るだけ以上の存在だ。ラーダ・ベスタをドライブする彼は、市街地サーキットで10勝を挙げており、WTCCで最も成功しているストリートレーサーなのだ。

2012年のWTCC王者であるハフは、2008年にマカオで初めてストリートでの勝利を手にした。それから極東で多く成功する中で、欧州でもポルトで勝利をあげている。

だが、4月にWTCCが開催されるマラケシュのムーレイ・エル・ハッサン・サーキットで、ハフはまだ勝ったことがない。

なお、ハフに続いてWTCCで最もストリートで勝利を収めているドライバーは、8回のアラン・メニュ。アウグスト・ファルフス、イヴァン・ミュラー、アンディ・プリオールはそれぞれ5回勝利している。

4月17日から19日までマラケシュのストリートサーキットで開催されるWTCCのモロッコラウンドを制すのは、誰になるだろうか。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。