Back

News

5度目の王座狙うミュラー、今週末はタイトル争いお預け

5度目の王座狙うミュラー、今週末はタイトル争いお預け

05/09/2015 08:00

WTCCで5度目の王座を狙うミュラーだが、タイトルを目指す戦いを再開するのは今週末が終わってからだ。

ミュラーは現在、母国フランスのロエアックでFIA世界ラリークロス選手権に臨んでおり、その後11日から13日まで開催されるWTCC日本ラウンドへと向かうのである。

ロエアックではアルバテック・レーシング・プジョーをドライブするシトロエン・トータルのミュラーは、「ロエアックでのレースにとても興奮している。特にスタートと最初のコーナーにね」と述べた。「シミュレーターでトラックを学んできたけど、もちろんそれとレースを比較することはできない。マシンは素晴らしいし、とても速い。グラベルやタールマックをどう攻めるか、それを学ぶことが最大の挑戦になるだろうね。週末はタイヤをケアするよ。とても激しいバトルになるはずだ」。

JVC KENWOOD WTCC日本ラウンドを前に、ミュラーはドライバーズ選手権で2位につけている。チームメートである首位ホセ・マリア・ロペスとは55ポイント差だ。ミュラーはWTCCで45勝を挙げているが、日本ではまだ勝ったことがない。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。